YOSHIKI 教師に押さえつけられ丸刈り→頭の形が宇宙人「全てが敵」20~30年反抗期に

YOSHIKI 教師に押さえつけられ丸刈り→頭の形が宇宙人「全てが敵」20~30年反抗期に

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/14
No image

YOSHIKI

X JAPANのYOSHIKIが14日放送の日本テレビ「1億3000万人のSHOWチャンネル」に出演。幼少時からのYOSHIKI伝説を語った。

体が弱かった4歳の時に父親が買ってくれたピアノと出会い、小学校時代に初めて行ったライブが日本武道館でのKISSの来日ライブで「メンバーが火を噴いてたり、火薬が上がってたりで」と、母親は驚いていたが、YOSHIKIは大変な感銘を受けたことを明かした。

中学に入ると「反抗期に入っちゃったんですね。目に見えるもの全部が敵に見えてきまして」と明かした。「その反抗期、結構、長かったんですけど」と語り、どれくらいかと聞かれると「20~30年続いたんじゃないかな」と笑わせた。

中学の時、少し髪が長かったが、校則が厳しく、「いまだったら大問題ですが、先生に呼び出されて、僕押さえつけられて、丸刈りにされたんです。泣きまして、何これって」と明かし、これが反抗期のきっかけだと明かした。

また丸刈りにされたことで「ちょっと頭が宇宙人のようにとがって、未知との遭遇みたいに」と笑わせ、「それで先輩に宇宙人って言われて、また泣いちゃって、そのあたりから敵対心むき出しになってきて、先輩とかともけんかし始めて。あんまり強くないので結構ボコボコにされました」と、荒れ始めた時期を振り返っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加