混雑予測とダイナミックプライシングで密を防ぐ共同研究-ドコモと九大

混雑予測とダイナミックプライシングで密を防ぐ共同研究-ドコモと九大

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/11/20
No image

九州大学持続的共進化地域創成拠点(九州大学COI)とNTTドコモは11月19日、買い物の際に進呈するdポイントの進呈率を店舗内の混雑状況に応じて変動させ、店舗内の「密」を防ぐ共同研究を開始した。

ドコモ、最短1時間前の人口分布を把握できるマップを期間限定で無償提供

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、密集や混雑を回避するなどの「新しい生活様式」の実践が求められる中、飲食・小売業では売り上げが落ち込むなど、コロナの感染拡大防止と社会経済活動の両立が課題となっている。

今回の共同研究では、店舗の混雑回避対策と売り上げアップの両立を目指すとしている。具体的には、同大学伊都キャンパスの学生約1500人がモニターとして参加し、同キャンパス内の飲食店や小売店店舗で実施する。

店舗に来店したか来店が予測される学生モニターへ、テイクアウトや混雑時間帯を避けた来店でボーナスポイントを進呈するメッセージを送り、3密回避の行動を促進する。

実際にテイクアウトを利用した人や混雑時間外へ来店時間を変更した人に、dポイントを進呈する。同研究では、混雑状況に応じてdポイント進呈率を即座に変える「ダイナミックプライシング」を導入するとのこと。

店舗の混雑度は、店舗に設置したセンサーからデータを収集し混雑を可視化するという九州大学の技術と、店舗周辺の混雑状況が把握できるという同社の「モバイル空間統計」を掛け合わせて予測する。この混雑予測に合わせて、最適なポイント進呈率を算出するという。

同研究では、同大学の学生参加型産学連携プラットフォームである「iQ Lab」の学生が、実証実験で使用するシステムやアプリの開発・運用からモニターの募集、実験の運営やサポート業務全般を受託するとのこと。学生が幅広く参加し、同研究の実施を支援するとしている。

同研究で得た成果を踏まえて、混雑予測とダイナミックプライシングのアルゴリズムの高度化を図り、2021年度中に同社が商用サービスとして提供予定とのことだ。

山本善之介

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加