巨人、屈辱の日本シリーズ7連敗...球団ワースト13失点、今村2回途中4失点KO

巨人、屈辱の日本シリーズ7連敗...球団ワースト13失点、今村2回途中4失点KO

  • ベースボールキング
  • 更新日:2020/11/22
No image

2回途中4失点で降板する巨人先発の今村(中央)=京セラドーム

SMBC日本シリーズ2020・第2戦
● 巨人 2 - 13 ソフトバンク ○
<11月22日・京セラD大阪>

ソフトバンクが2戦連続で快勝し、日本シリーズ記録を更新する10連勝。一方の巨人は球団史上ワーストの13失点を喫し、屈辱の日本シリーズ7連敗となった。

地元・大阪での日本シリーズ初先発となった巨人の今村だったが、初回に3連打を許すなどいきなり3失点。2回は9番・甲斐に豪快な中越えソロを浴び、2回途中4安打4失点(自責点3)でノックアウトされた。

巨人ベンチは2試合連続で2番手に戸郷を指名したが、3回に4番・グラシアルに2ランを浴び2回1/3で2失点。5回から登板した田口も2イニングで1点を失い、7回に登板した鍵谷は、6番・デスパイネにダメ押しとなる満塁弾を浴びた。9回には7番手の大竹が、自らの悪送球で2点を献上。2失策を記録するなど守備も乱れ、計15被安打で13点を失った。

打線は7点を追う5回、8番・ウィーラーの右越え2ランで2点を返すも見せ場はここだけ。投打ともソフトバンクに圧倒された。

巨人は楽天に敗れた2013年の第7戦以降、これで日本シリーズ7連敗。ソフトバンク戦は4連敗で敗退した昨年に続き6連敗となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加