DeNAがCS進出決定 今季最多5発で快勝、宮崎が3試合連発含む2本塁打 浜口は村上封じ8勝目

DeNAがCS進出決定 今季最多5発で快勝、宮崎が3試合連発含む2本塁打 浜口は村上封じ8勝目

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/25

◇セ・リーグ DeNA8─6ヤクルト(2022年9月23日 神宮)

No image

<ヤ・D22>3回、宮崎は2ランを放ち小池コーチとタッチ(撮影・村上 大輔)

2位のDeNAは23日、敵地で首位のヤクルトと対戦し、今季チーム最多の5本塁打を放って8─6で勝利した。この日、4位の広島が阪神に敗れたため、3位以内が確定。クライマックスシリーズ(CS)進出が決まった。

4回裏終了時と、5回表攻撃中、さらに8回裏の守備中に3度の中断をはさんだ雨中決戦。試合開始直後から打線が爆発した。初回に宮崎が自身初の3試合連発となる右越え14号先制3ラン。さらに3回には佐野の中越え21号ソロ、1死二塁からは宮崎に2打席連発となる左中間15号2ランが飛び出して、ヤクルト先発の大西をKO。さらに4回には楠本の5号ソロ、5回には森の2号ソロと、雨の中でも打線の集中力は途切れなかった。

先発の浜口も、悪条件の中、3度の中断を乗り越えて8回まで、投げ切り、キブレハンのソロによる1失点に抑える好投で8勝目を挙げた。9回に5点を追い上げられたが逃げ切った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加