「配達員は労働者」ウーバーに団交命令 日本初“ギグワーカー”に労働者の権利認める

「配達員は労働者」ウーバーに団交命令 日本初“ギグワーカー”に労働者の権利認める

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/11/26
No image

動画を見る(元記事へ)

東京都労働委員会は宅配サービス「ウーバーイーツ」の配達員らが団体交渉を求める権利があるとする決定を出しました。いわゆる「ギグワーカー」に労働者としての権利が認められたのは日本初です。

ウーバーイーツユニオン:「運営側に皆でまとめた意見を単純に上にあげて話をして解決したい。これだけです」

配達員らで作る労働組合は、「ウーバーイーツ」の運営会社などに対して、配達中の事故の補償や、報酬の決め方の透明性などについて団体交渉を要求していました。

しかし、会社側は「労働者は個人事業主」などとして要求を拒否したため、組合側は都労委に救済を申し立てていました。

都労委は25日、会社側に団体交渉に応じるよう命令しました。

ネットで単発の仕事を請け負う「ギグワーカー」も法律上の労働者にあたると認めた国内で初めての判断になります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加