ヤクルト 4日ぶりに首位奪還 “頼れる4番”村上が2打席連発 山田も今季7号ソロ

ヤクルト 4日ぶりに首位奪還 “頼れる4番”村上が2打席連発 山田も今季7号ソロ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/05/15

◇セ・リーグ  ヤクルト5ー3広島(2022年5月14日 マツダスタジアム)

No image

<広・ヤ(5)>6回無死、村上は左越えにソロ本塁打を放つ(撮影・坂田 高浩)

ヤクルトは14日、広島に5―3で勝利し、4日ぶりに首位に浮上した。

先発・原樹理は4回まで変化球を多彩に使ったピッチングで無失点で乗り切った。しかし、1点リードの5回無死三塁には、中村に左前適時打を許し同点に。なおも1死一、三塁の場面で、大盛を二ゴロに抑えるも遊撃手の悪送球で一塁がセーフとなり、その間に1点追加。続く、菊池は左飛に打ち取り、5回6安打2失点で降板となった。

同点に追いついた直後の6回。2番手・木沢が坂倉に右中間へのソロを被弾するも、以降はコール、今野、マクガフが継投し、無失点で抑えた。

打線は、先発・森下に対し、初回から5番・中村の左前適時打で1点先制。逆転を許した直後の6回には、村上が同点に追いつく10号ソロを放った。8回にも、再び村上が2打席連続となる11号ソロ。なおも、1死二、三塁から長岡の適時打で勝ち越しに成功した。1点リードの9回には、山田の今季7号ソロでさらに1点追加。勝利を引き寄せた。

チームは首位攻防戦を制し、4日ぶりに首位奪還。貯金は7(22勝15敗)となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加