富山県 大雪の峠は過ぎるも...寒さ厳しく

富山県 大雪の峠は過ぎるも...寒さ厳しく

  • 北日本放送
  • 更新日:2023/01/25
No image

富山県内では、25日降り積もった雪や凍結で被害が多発した。

富山県内では、降り積もった雪や凍結で被害が多発しました。厳しい寒さとなった25日を振り返ります。

こちらは24日夜、取材班が朝日町へ向かう様子です。トラックがハザードランプを点灯させて止まっています。細かい雪が吹き荒れ、ホワイトアウト状態となりました。

吉田颯人記者

「新潟県境に近い朝日町の国道8号線の交差点です。こちらでは新潟方面、通行止めになっていて、警察がUターンさせるなどの対応をとっています」

国土交通省は車の立ち往生を防ぐために、4時間通行止めをして集中除雪を行いました。

一夜明け…。

富山駅周辺の道路には、降り積もった雪で車がスタックしていました。通りがかりの人が駆け寄り、固まった雪を削ります。

「よかったです」

「ありがとうございます」

KNB投稿ボックスには、県内各地から凍結の様子が送られてきました。

けさの最低気温は、富山市で氷点下5.7度など県内10すべての観測地点で氷点下となり、厳しい寒さとなりました。

奥野香子記者

「富山市の住宅街に来ています。道路の融雪が当たらず、雪が残っているところはこの寒さで凍ってしまっています。歩いてみると……(ザクザク)このようにザクザクと音がします」

車の雪を下ろす人

「ガリガリっすわ。雪とってるんじゃなくて、削っとるようなもんですわ。全然ダメや」

この家では、24日夜に給湯器の水道管が凍り、お湯が出なくなりました。

「凍り付いてますもんね、ここのあたりとか」

水道管にぬるま湯をかけて、お湯が出るようになったといいます。

「ほんとに心配して(義娘と)2人でイエーイって言ったもの。ひどかったわ、こんなの初めて」

清水万梨子記者

「富山市科学博物館の前です。国道41号線のガードレール、本来はここは隙間が開いていますが、車が跳ね上げた水で凍って覆われてしまっています」

日中も気温は上がらず、最高気温は富山市で氷点下1.7度など、8年ぶりに県内全ての観測地点で最高気温が0度未満の真冬日となりました。

取材スタッフは、車の転落現場に遭遇しました。

永井聖志郎記者

「富山市では、この道を走行する軽トラックが転落する事故が起きました」

運転していた人

「なんかよくわからんがよ。道との境界線が」

雪で縁石が見えず、乗り上げて動かなくなった車もありました。

「だめだ」

県警のまとめによりますと、県内では25日にスリップ事故が19件発生し、けがをした人はいないということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加