山田孝之「刺激的な作品を」短編映画製作に意欲

山田孝之「刺激的な作品を」短編映画製作に意欲

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/17
No image

短編映画のプロジェクト「MIRRORLIAR FILMS」の発表会見に出席した山田孝之(撮影:小林千穂)

俳優山田孝之(36)、阿部進之介(38)が16日、都内で、短編映画製作のプロジェクト「MIRRORLIAR FILMS(ミラーライアーフィルムズ)」の発表会見に出席した。

活躍中の監督や俳優たちによる作品と一般公募作品を合わせた36作品を、来年夏から4シーズンに分けて順次劇場公開し、全シーズン終了後には映画祭を開催する。

山田、阿部はプロジェクト運営に携わりつつ作品も作る。山田は「時間や予算に限りはある。制限があるからこそアイデアで乗り越えて刺激的な作品を作りたい」と意欲を見せた。

グランプリ作品には賞金500万円が贈られる。山田や阿部は運営サイドのため賞金の対象外。山田は「賞金もらえないから、何でもやってやろう」と笑った。

山田、阿部のほか、俳優安藤政信、志尊淳、柴咲コウ、水川あさみの参加も発表された。山田以外は初監督に挑むことになる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加