勝みなみが猛チャージ!大会コースレコードタイ64「自信を持ってクラブを振れた」

勝みなみが猛チャージ!大会コースレコードタイ64「自信を持ってクラブを振れた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/11/29
No image

1番でティーショットを打ち、上着を羽織った勝みなみ(撮影・北村雅宏)

「女子ゴルフ・ツアー選手権リコー杯・第2日」(25日、宮崎CC=パー72)

1オーバー27位から出た勝みなみ(24)=明治安田生命=が猛チャージ。8バーディー、ボギーなしの64をマークし、スコアを八つ伸ばして通算7アンダーでホールアウトした。「64」は2016年の葭葉ルミ、昨年の古江彩佳に並ぶ大会コースレコードタイ記録。

勝は3番パー4で4メートルを沈めて最初のバーディーを奪うと、続く4番パー4も2メートルを決めて2連続。前半だけで4個のバーディーを奪うと、後半も12番から3連続など4バーディーを加えた。

「きょうはすべてよかった。ショットもピンにどんどん絡んで、絡まなくても狙った方向に飛んでいく一日。自信を持ってクラブを振れた」と振り返った。

パッティングに関しても、初日の前半は「高麗芝の目とか、考えすぎて打てていなかった」というが、それ以降はこの日も含めて「考えすぎないで自信を持って打つことを意識した」のが奏功。「きのうは入らなかったのに、きょうは長いのも短いのも入った」という。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加