『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』長尺のプロローグ映像&デジタルポスター公開

『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』長尺のプロローグ映像&デジタルポスター公開

  • Real Sound
  • 更新日:2021/11/25
No image

『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題)』(c)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

2022年夏に公開される『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題)』のプロローグ映像が公開された。

スティーヴン・スピルバーグが“恐竜”に命をふきこんだ『ジュラシック・パーク』シリーズ。2015年に新たに生まれ変わった『ジュラシック・ワールド』はその年の“国内年間興行収入No.1”に輝き、続くシリーズ生誕25周年、2018年公開『ジュラシック・ワールド/炎の王国』もメガヒット。『ジュラシック』シリーズは、累計50億ドル以上の世界興収をあげている。シリーズ最新作となる本作では、『ジュラシック・ワールド』で監督を務めたコリン・トレボロウが再びメガホンを取る。

公開されたプロローグ映像は、5分30秒を超える長尺となり、ハリウッドの最新技術を駆使してよみがえった恐竜たちの息遣いから白亜紀の光景、そして現代の人間社会に出現した恐竜たちのアクション映像などが確認できる。

映像の冒頭では、6,500万年前の白亜紀時代に、恐竜が地球全体を闊歩していた様子が描かれる。人類が存在する遥か以前の地球で活動する恐竜たちの姿が明らかになるとともに、恐竜のDNAが蚊によって保存されたというシリーズ第1作『ジュラシック・パーク』(1993年)で描かれた本シリーズの起源ともいえる瞬間を垣間見ることができる。また、前作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018年)で描かれた、イスラ・ヌブラル島から北カリフォルニア州へと移送された恐竜たちが世界中に放たれるというラストのその後のエピソードと思われる、人類が住む平穏な世界に突如現れた恐竜たちが、人類を史上最大の危機へと陥れるアクション映像の一片が披露されている。また本作では、これまでの『ジュラシック』シリーズには登場していなかった新恐竜も登場する予定だ。

あわせてデジタルポスターも公開。スクリーンの前でティラノサウルスが吠える一枚となっている。

また、本映像の公開を記念し「期待投稿キャンペーン」の実施も決定。最新作のストーリー予想&『ジュラシック』シリーズへの想いを「#ジュラ全力待機」のハッシュタグをつけてTwitterに投稿すると、抽選で豪華賞品が当たる。詳細はキャンペーンページ(https://www.jurassicworld.jp/jwd-twcp/)にて。

(リアルサウンド編集部)

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加