胡麻油が香ばしい"帆立さっと炙り"

胡麻油が香ばしい"帆立さっと炙り"

  • dancyu (ダンチュウ)
  • 更新日:2023/01/25

強火で豪快に炙った帆立は胡麻油も相まって表面は香ばしく、中はレアで甘い極上の刺身です。常備しておいて気が向いたら一杯、なんてときにぴったり!365日でも飽きない焼酎に合うおつまみを「赤坂まるしげ」店主に習いました。

No image

■“帆立さっと炙り”のつくり方

胡麻油がいい仕事をして、スモークしたような香ばしい匂い漂う一品に。中は生でねっとり甘く、わさびのつんとした辛味が余韻に残る。甘い帆立に甘やかな芋焼酎「萬膳庵」の水割りなどがいい。

おいしく飲むコツ!〈お薦め:甘やかな芋焼酎と〉

表面は香ばしく、中は生。そのコントラストが醍醐味なので、中まで火が通らないよう、強火で一気に表面に焼き色をつけよう。

(1)下準備帆立の両面に塩をふり、胡麻油をからめる。
(2)炙る焼き網に1をのせ、強火で炙り、両面に焼き色をつける。中は生でOK。

No image

(3)盛りつける繊維に沿って幅5mmに切る。器に盛り、わさびを添える。

No image

この連載のほかのレシピを見る

教える人

小久保茂紀さん「赤坂まるしげ」店主

和食店、居酒屋店にて修業を積み、2000年に27歳で今の店を開店。自らの足で訪ね歩いた蔵元の酒、食材をベースに多種多彩なメニューを置く。料理が安価で比較的小さめのポーションなのは、「あれこれ注文して楽しんでほしい」という心意気。

※この記事の内容は、「dancyu定番シリーズ 豆皿つまみと小鍋つまみ」に掲載したものです。

No image

dancyu定番シリーズ豆皿つまみと小鍋つまみ

A4変型判(120頁)
2022年12月16日発売 880円(税込み)

この本を購入する

取材:安井洋子 撮影:鈴木泰介

dancyu

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加