「いざ行くんだな」八戸水産高ハワイ沖でマグロはえ縄漁など実習へ 実習船「青森丸」出航

「いざ行くんだな」八戸水産高ハワイ沖でマグロはえ縄漁など実習へ 実習船「青森丸」出航

  • ATV NEWS
  • 更新日:2022/11/25

太平洋でマグロ延縄漁(はえなわりょう)などの航海実習を行う青森県立八戸水産高校の生徒たちが実習船に乗り込み八戸港を出発しました。

【写真を見る】「いざ行くんだな」八戸水産高ハワイ沖でマグロはえ縄漁など実習へ 実習船「青森丸」出航

八戸港で行われた24日の出航式には、海洋生産科の2年生32人と専攻科の1年生13人が臨みました。八戸水産高校では毎年この時期、マグロ延縄漁や船の保守整備などを学ぶため航海実習を行っています。式では、実習生代表の金澤柚木さんが「不安もありますが、成長した姿を見せられるようにがんばってきます」と抱負を述べたあと、生徒たちが実習船「青森丸」に乗り込みました。

※実習生は
「いざ行くんだなという不安と、がんばろうという気持ちでいっぱいです」
実習は2023年1月23日までの約2か月間で、生徒たちはハワイの南西海域の漁場で28回操業する予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加