ロッテ、山本由伸に抑え込まれ再び5位後退...プロ初先発の佐藤奨が好投も実らず

ロッテ、山本由伸に抑え込まれ再び5位後退...プロ初先発の佐藤奨が好投も実らず

  • ベースボールキング
  • 更新日:2022/05/14
No image

選手交代を告げるロッテ・井口資仁監督(C)Kyodo News

○ オリックス 1 - 0 ロッテ ●
<8回戦・京セラD大阪>

ロッテは今季8度目の完封負けを喫し、連勝3でストップ。わずか1日で5位に逆戻りとなった。

中10日で登板してきた相手先発・山本由伸を前に走者は出すものの、もう一押しできない展開が続きゼロ行進。3回一死三塁の場面では髙部瑛斗の鋭い打球が三直併殺となるなどツキもなく、4回、6回と得点圏に走者を置きながらマーティン、レアードといった中軸が凡退した。

8回はイニング先頭の代打・福田秀平が右二塁打を放ちチャンスメークしたが、一死一・三塁となり佐藤都志也が二ゴロ併殺。クリーンナップに最後まであと一本が出なかった。

最終回はクローザー・平野佳寿を相手に一打同点のチャンスをつくりながらエチェバリアが見逃し三振に打ち取られゲームセット。最後のストライク判定に抗議した井口資仁監督が審判への「侮辱的な発言」で退場処分を受けるなど、後味の悪い結末となった。

プロ初先発だった左腕・佐藤奨真は初回に連打とエラーが絡み先制を許しながらも、2回以降はノーヒットに抑える快投で、6回1失点(自責点0)とゲームメイクしたが、最後まで援護に恵まれずプロ初黒星を喫した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加