ごみの分別やリサイクルの大切さを学習 小学生が産業廃棄物処理施設を見学【香川・高松市】

ごみの分別やリサイクルの大切さを学習 小学生が産業廃棄物処理施設を見学【香川・高松市】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2020/10/17
No image

岡山放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

高松市の小学生が、産業廃棄物処理施設を見学し、ごみ処理について学びました。

これは社会科学習の一環として行われているもので、浅野小学校の4年生約60人が、塵芥センターの工場を見学しました。

工場では、手作業でごみを分別し、プラスチックや紙ごみを細かく破砕・圧縮して再利用していきます。

子供たちは、普段見ることのできないごみ処理の過程を見学し、改めてごみの分別やリサイクルの大切さを学んでいました。

また、ゴミ収集車での回収作業を実際に体験し、「爆発の危険があるスプレー缶をごみ袋に絶対に入れないように」などのアドバイスを受けていました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加