シモキタを舞台に紡がれる、ほろ苦い等身大の物語『街の上で』 退屈に見えるルーティンにも誰かの生活がある

シモキタを舞台に紡がれる、ほろ苦い等身大の物語『街の上で』 退屈に見えるルーティンにも誰かの生活がある

  • BANGER!!!
  • 更新日:2021/04/08
No image

『街の上で』©「街の上で」フィルムパートナーズ

“どちらでもない人たち”を肯定する今泉作品

今泉力哉監督の映画は、聞いたことがあるようで聞いたことのない言葉を紡いでいる。

それは過去作から本作『街の上で』まで一貫して表現されていて、そんな会話のやりとりは社会からはみだす豪快さや自信もなく、閉ざしきる勇気もない若者の営みを丁寧に掬っている。今泉監督は、そんな“どちらでもない人たち”に対して作品の中に居場所を作り、肯定しているのかもしれない。

田中圭×『愛がなんだ』の今泉監督が贈る、リアルで優しく不器用な片思い『mellow メロウ』

そんな今泉監督の、2020年公開予定だった最新作『街の上で』が新型コロナウイルスによる影響で約1年の延期を経て、ついに公開される。

#街の上で 公開記念舞台挨拶、開催決定!】

本作の公開を記念して4月10日(土)に横浜、名古屋、大阪、京都の各劇場を回る #今泉力哉 監督による舞台挨拶ツアーも実施決定いたしました!

▼詳細はこちら https://t.co/6ps0vaeGeJ pic.twitter.com/CHOA7kSVv4
— 映画『街の上で』 (@machinouede)
March 31, 2021
from Twitter

人と人との関わりが著しく断絶され、インターネットを通じた二次元的なコミュニケーションの発達がより加速した2020年。それらを経験した僕らが観る本作は、人と人が実際に表情を確認しながら関わることによって起こる化学反応が、いかに尊いものかを改めて感じさせてくれるはずだ。

No image

『街の上で』©「街の上で」フィルムパートナーズ

“普通”ってなに? マジメすぎた高校生活を一晩でリベンジ!『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』

いつでも“街”は僕らに居場所を与えてくれる

本作の舞台は会話や服装、背景から2010年代以降と想定されるが、不思議なことにSNSを利用する描写はない。劇中、主人公・荒川青(若葉竜也)は行きつけのバーやバイト先の古着屋、馴染みの本屋など下北沢から出ることがなく、自分の半径数メートルの世界が生活圏であることを示している。つまり、下北沢という街自体をSNSの隠喩と捉えることもできるだろう。このクローズドな空間は、見知った人たちに限定した関わりが生む安心と怠惰=メリット/デメリットがあることも表している。

No image

『街の上で』©「街の上で」フィルムパートナーズ

細かなディティールは物語の内容に触れるため割愛するが、ルーティンのような毎日を過ごしていた荒川は、周囲の人々に絆されたこともあり、意識を外側に向けようと自主映画への出演オファーを受ける。けれども、やっとの思いで外へ向けた意識はいとも簡単に折られてしまい、やがてまた同じ環境に戻っていく。

No image

『街の上で』©「街の上で」フィルムパートナーズ

ただ、新しく出会った人たちとのコミュニケーションや自ら意識を外に向けた経験が彼の心にしっかりと刻まれ、自分自身と向き合うことや元恋人と向き合うきっかけとなり、表情や行動など自身にまつわる事柄が少しずつ変化していく。

No image

『街の上で』©「街の上で」フィルムパートナーズ

そんなきっかけから、最終的にもたらされる結果までのシーンの連なりは、当初はどこにいっても所在なさげだった荒川というキャラクターに、徐々に色がついていくようで美しい。しかし、変化する前の彼が美しくなかったわけではない。モラトリアムの中で生きる彼の良さもきっとあったはずだし、物語の中で変化した人もいれば変わらない/変えない人だっている。

No image

『街の上で』©「街の上で」フィルムパートナーズ

ジョナ・ヒル初監督×A24! 半自伝的映画『mid90s ミッドナインティーズ』はスケボー少年の思春期成長物語

無理をして対話したり行動範囲を拡げる必要はないけれど、そうしたことで得られる感覚がある。あなたの気分でどちらを選んでも良いし、選択肢は“する/しない”の2つだけでもない。どんな選択をしようとも、“街”というものは人々に等しく居場所を与えてくれるのだということを、この映画は教えてくれる。僕らは、いつでもどこかの街の上で生かされているのだ。

No image

『街の上で』©「街の上で」フィルムパートナーズ

文:巽啓伍(never young beach)

『街の上で』は2021年4月9日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

巽啓伍(never young beach)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加