あえての路地裏出店とランチ営業で地元客のハートをつかんだ三軒茶屋「食堂かど。」の店舗戦略

あえての路地裏出店とランチ営業で地元客のハートをつかんだ三軒茶屋「食堂かど。」の店舗戦略

  • @DIME
  • 更新日:2021/11/25
No image

逆風を味方に始めた弁当・総菜が大ヒット!

東京・三軒茶屋の『食堂かど。』がオープンしたのは昨年6月。当初の予定を3か月後ろ倒ししての開業だった。

「オープン予定だった3月は緊急事態宣言直前。すでに飲食業界には暗雲が立ち込めていました。開店は一度見送るにしても、お披露目がてらテークアウトをやったらどうか、そんな発想から弁当や総菜の販売を始めたんです」

そう語るのは、オーナーの河内亮さん。同エリアにすでに3つの居酒屋を経営し、この店が4店舗目だ。

「もともと、ここはほかの3店舗のターゲット層以外の集客も目指していました。昼間にランチとカフェの営業をすることで、子育て世代やシニア層にも利用してほしいと思ったんです」

その思いは、試運転で始めたテークアウトですぐに結実。多い時で1か月の売り上げは700万円。客の半数はシニア層の利用だったそう。本開店までには、すっかり地元民の行きつけとなり、オープン後も好調を維持する。

住民が行き交う生活路の角に立地。表にはベンチを置いて縁側を設置。ガラス張りのオープンな店構えも集客にひと役買った。昼間は白の暖簾を掲げ、明るく入りやすい雰囲気を作る。

開業前のテークアウトも人気の呼び水に

No image

縁側にずらりと並べられた弁当・総菜。お昼ご飯からちょい足しおかずまで、主婦にも単身者にもうれしいメニューが豊富。

No image

ランチ後は『マルコーヒー』の屋号でカフェタイムに。夜は産直食材を使った和食ベースの街の食堂にシフトする。

No image

メインの茶沢通りから一本入った立地も勝因。クルマ通りが少ない、地元民の抜け道に面する。

食堂かど。

[住]東京都世田谷区太子堂4-26-6 ヴィラ三軒茶屋1F [電]03・6450・9280
[営]テークアウト/11:30〜 昼の部/12:00〜15:00 夜の部/18:00〜22:00(平日)、12:00〜21:00(日曜・祝日。終日夜の部営業) [休]不定休

【繁盛店ヒットの方程式】
居住区に密接した立地を生かした地元密着型の店づくり

取材・文/坂本祥子

DIME12月号の特集は「行列店に学ぶヒットの方程式」

No image

DIME12月号の特別付録は、キャンプ、登山、アウトドア、DIY、自動車の修理、防災グッズなど、いろんな場所で使える便利な「4WAYポータブルランタン」です。付録とは思えないほどのクオリティーで、4WAYという名称の通り、様々な使い方ができるほか、お洒落な迷彩柄のデザインが特徴。

Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B09HFZWY4G

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加