【付録レビュー】「InRed」2月号、ジャーナルスタンダードの買い物ポシェットが「理想的なサイズと収納力」と好評!【女性誌】

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2021/01/13

いまや付録で雑誌を選ぶのは当たり前。毎月魅力的な付録が登場し、どれにしようか迷いますよね。そこで、付録を実際に手にして、見た目や使い勝手を徹底レビューします!

今月の付録:「InRed」2021年2月号「ジャーナルスタンダード スマホが入る! 財布になる! 便利な“ご近所”買い物ポシェット」

デザイン:★★★★☆(付録とは思えない♪)
クオリティ:★★★☆☆(まるで既製品のよう◎)
使い勝手:★★★★☆(ポケットがたくさんで財布にもなる!)

「InRed」(宝島社)2月号の特別付録は、「ジャーナルスタンダード スマホが入る! 財布になる! 便利な“ご近所”買い物ポシェット」です。

今回は、ベーシックでスタンダードなオリジナルアイテムに、国内外の旬なブランドをミックスした独自のセレクトショップとして人気の高い「ジャーナルスタンダード」とのコラボ付録。買い物や散歩など、ご近所へのちょっとしたお出かけにぴったりのポシェットが登場しました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で遠出する機会が減り、「ちょっとそこまで……」の外出が多くなった今、大活躍間違いなしですよ!

それでは早速、チェックしていきましょう♪

スマホが入る大きさの外ポケットが◎

サイズ:高さ19.5×幅12×マチ4.5cm(外ポケット含む)
素材:PVC、ポリエステル裏PVC貼り、鉄、合金

ポシェットのサイズと素材は上記の通り。くすみのあるライトグレーの合皮生地に白字でさりげなく「JOURNAL STANDARD」のロゴが入ったシンプルなデザインで、どんな服にでも合わせやすそうです。

スマホが入る大きさの外ポケットはスナップボタン式なので、出し入れも楽々できちゃいます!

ストラップは、ポシェットと同じ合皮素材が使われており、自分の体形に合わせて自由に長さを調節することができます。厳しい寒さが続く今の時期、分厚いアウターを着ても楽に斜めがけができるのはうれしいポイントですね♪

ポシェットのサイドにあるファスナーを開けると、中にはポケットが3つとコインケースが付いていました。長財布のように大きく口が開く仕様なので、中身がとても見やすいのが特徴的です。実際に、側面のポケットにお札を入れてみました。

中央のメインポケットには大きめのマチがあるので、レジ袋やリップクリームなどの多少厚みがある物も収納可能。ここ一年、必須アイテムとなっているマスクやポケットタイプの除菌シートなども十分入りそうです。

メインポケットの隣には、カードなどが入る多目的ポケットが備え付けられています。

コインケースにはファスナーが付いているため、中身が飛び出す心配はありません。ただ、マチがないため、硬貨をたくさん入れてしまうと、なかなか取り出しにくいため注意してください。

今回の付録の一番のポイントは、これ一つで身軽に外出できること。財布代わりとして普段使いするにはやや使いにくさがありますが、お金からカード類、スマホ、小物まで入るため、できるだけカバンや荷物を持ちたくないという人にはおすすめのアイテムです♪

SNS上でも「付録目的で買っちゃった!」「色がきれいなライトグレーでかわいかった」「理想的なサイズと収納力」と好評の様子。気になる方は、早めに書店へ!

※サイズはライターが測っているため、実際とは異なる場合があります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加