あす朝も”凍結対策”万全に 再び沿岸部も氷点下 けさより強い冷え込みの地点も

あす朝も”凍結対策”万全に 再び沿岸部も氷点下 けさより強い冷え込みの地点も

  • RCC NEWS
  • 更新日:2023/01/25

この冬一番の”強烈寒気”襲来で、きのう(24日)夜からけさ(25日)にかけて、広島県内は、路面の積雪や凍結によって大きな影響が出ました。

【写真を見る】あす朝も”凍結対策”万全に 再び沿岸部も氷点下 けさより強い冷え込みの地点も

普段、路面が凍結することはほとんどない、広島市中心部などの沿岸部でも、車のスリップや立ち往生が続出。

歩きや自転車で転倒した人も多くいたようです。

きのう(24日)夜からけさ(25日)にかけての最低気温です。沿岸部で-4℃前後、北部や南部内陸では-5~-8℃前後と、かなりの低温となりました。

寒気のピークは過ぎましたが、中国地方を覆う冷たい空気がすぐに抜けるわけではありません。

今夜からあす朝にかけても、県内は再び厳しく冷え込む予想です。

けさと同じように、沿岸部でも-3~-4℃、北部や南部の内陸では広く‐5℃を下回る強烈な冷え込みとなるでしょう。

場所によっては、けさよりも厳しく冷え込む所がある見込みです。中国山地沿いでは-10℃前後となる所も出てきそうです。

雪の多かった地域では、今夜以降、降り積もった雪が凍結します。降ったばかりの雪とは違い、あす朝は、よりカチカチに凍って、いっそうスリップしやすい状況になっているおそれがあります。

広島市中心部など沿岸部では、きょう昼の段階で、多くの雪はとけているとは思いますが、水たまりとなった所や、日陰に残されている雪が、夜中に再び凍結しやすい状況です。

多くの人が行き交い、雪が踏み固められた場所などは、特にすべりやすい状況になっているのでご注意ください。

今夜の帰宅時間帯やあす朝の通勤・通学時には、車のスリップや転倒には十分注意してください。

また、けさの厳しい冷え込みでは、水道管凍結や給湯器トラブルも相次ぎました。

あすにかけても引き続き凍結や寒さ対策は万全にお願いします。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加