フェンダー、マイク・マクレディやジョー・ストラマーらのアーティストシグネイチャーモデル、超小型アンプなどを発表

フェンダー、マイク・マクレディやジョー・ストラマーらのアーティストシグネイチャーモデル、超小型アンプなどを発表

  • BARKS
  • 更新日:2021/01/13
No image

フェンダーミュージカルインストゥルメンツコーポレーションが、2回めとなる世界の正規ディーラー向けのオンラインミーティングを通じて、2021年上半期発売予定の新製品を発表。75周年記念モデルをはじめ、数多くの新製品が登場した。本記事ではアーティストシグネイチャーモデル、アンプ製品について紹介する。

<アーティストシグネイチャーモデル>

世界で最も偉大なギタリストやベーシストのユニークな仕様にインスパイアされ、楽器の発展とそこに宿る物語を通してアイコニックなミュージシャンを称えてきたフェンダーのアーティストシグネイチャーモデル。2021ん年にも、フェンダーと世界有数のプレイヤーがともに歩んできた、その製品開発におけるイノベーションの輝かしい軌跡を経て、数々のアーティストシグネイチャーモデルが発売される予定だ。

●Chrissie Hynde Telecaster

No image

1979年、クリッシー・ハインドはテレキャスターを手にTHE PRETENDERSを結成し、すぐに偉大なロックンロールバンドとして名を馳せた。クリッシーがかき鳴らすTelecasterのリズムは、結成当初からバンドの生命線だった。2021年、フェンダーとクリッシー・ハインドは、世界で最もアイコニックなギターの1つであるクリッシー秘蔵の65モデルを忠実に再現。Faded Ice BlueのMetallic Road Wornラッカー仕上げ、ヴィンテージスタイルの’50sシングルコイルTelecasterピックアップ、6本のステンレススチールバレル仕様ブリッジ、チューニングの安定性を実現するロッキングチューナーを特徴とする。2021年内の国内発売予定。

●Mike McCready Fender Custom Shop Stratocaster in Sunburst

No image

フェンダーとPEARL JAMのリード・ギタリスト、マイク・マクレディとの初のコラボレーションにより、Fender Custom Shopから60本限定のマスタービルトモデルが登場。マスタービルダー、ヴィンセント・ヴァン・トリグトによる詳細なプロファイリングにより、オリジナルモデルから一本一本の使用痕を再現。2ピースのセレクトアルダーボディにリアリズム溢れるRelicラッカーフィニッシュ、1960年製のOVAL“C”シェイプのフラットソーンフレイムメイプルネック、21フレットのフラットラムローズウッド指板を採用している。オリジナルにマッチしたカスタムJosefinaハンドワウンドピックアップは5ウェイスイッチングが採用され、Treble Bleedトーンコンデンサーを含むヴィンテージ配線が施されている。その他、3-Plyビニール製ピックガード、ヴィンテージスタイルのシンクロナイズドトレモロ(Callahamブリッジブロック付き)、ヴィンテージスタイルのチューニングマシン、ボーンナット、メタルスペーサー付きウィングストリングツリーなどの特徴を備える。デラックスハードケース、ストラップ、ポリッシュクロス、オリジナルマクレディケースキャンディ、正規製品保証書が付属。国内発売に関する詳細は近日中に発表予定。

●Ben Gibbard Mustang

No image

1990年代の終わりから、ベン・ギバードは、プラチナディスクに輝いたバンドDEATH CAB FOR CUTIEのシンガーソングライターとしてその多彩な声をインディーロック界に響かせていた。彼のメロディックで私的な歌詞とバンドのパワフルサウンドは、世代を超えたミュージシャンから支持されていた。ベンのカスタマイズされた’70s Fender Mustangは長年に渡り、彼のツアーにおける即戦力だった。より豊かなレゾナンスと軽量のためにチェンバー構造に加工されたアッシュボディ、22フレットのMODERN“C”シェイプのワンピースメイプルネックを備え、弾きやすく、どんなステージでもこなせる仕上がり。本製品にはストラップロックとフェンダーギグバッグが付属する。3月下旬の国内発売予定。

●Joe Strummer Campfire

No image

THE CLASHの象徴的なアルバム、「ロンドン・コーリング」がアメリカでリリースされてから40年を経た今でも、ジョー・ストラマーの遺産は生き続け、音楽シーンに強い影響を与え続けている。ストラマーがグラストンベリー・フェスティバルの舞台裏で開催した、伝説的なキャンプファイヤーにインスパイアされたこのコンパクトなアコースティックギターは、野外でのパーティはもちろん、どんな会場でも活躍すること間違いなし。マットブラックカラーで仕上げられたボディのサイドとバックにはソリッドスプルーストップのマホガニー材を採用した他、ニッケルのハードウェアや星型のインレイなどジョー・ストラマーの美学が随所に反映されている。本製品は4月下旬の国内発売予定。また、本製品とは別にFender Custom Shop製のJoe Strummer ’59 Esquireもリリースされる予定だ(国内発売に関する詳細は近日中に発表予定)。

●Jason Isbell Custom Telecaster

No image

情熱的なギタープレイ、痛烈な歌詞、力強い声を武器に、グラミー賞受賞者となったジェイソン・イズベルは、伝統的なルーツ音楽とモダンロックをダイナミックに融合させた「アメリカーナ」のムーヴメントを代表するアーティストとして登場した。Jason Isbell Custom TelecasterのChocolate Sunburstカラーは、’59スタイルのテレキャスターカスタムボディに施されたクリーム色のダブルバインディングと相まって絶妙なコントラストを演出し、フェンダーのRoad Wornによるエイジング加工が、存分に使い込まれたギターような風格を与えている。ヴィンテージ調のMID-’60s“C”シェイプのメイプルネックと21フレットのローズウッドフィンガーボードを採用し、カスタマイズされたJason Isbell Telecasterピックアップはキラキラと燃えるようなトーンをもたらし、改良されたブリッジは見た目だけでなく、チキンピッキングの演奏性も高めている。ボディに施されたダブルバインディングがクラシカルな風格を醸し出す本製品は、5月下旬の国内発売予定。

●Dhani Harrison Signature Ukulele

No image

マルチプレイヤーとして知られるダーニ・ハリスンは、シンガーソングライターとしてのユニークなキャリアを経て、ジェフ・リンやベン・ハーパーからウータン・クランまで、さまざまなアーティストとのコラボレーションを実現してきた。熱心なドラマーでありギタリストである彼は、幼いころから作詞作曲に欠かせない彼の強力な武器でもあるウクレレを演奏してきた。そして今回、フェンダーと協力し、Dhani Harrison Signature Ukuleleを完成させるに至った。2種類のフィニッシュから選べる本モデルは、ハリスンにとって特別な意味を持つ独特なフレットボードのインレイと、背面に刻まれたデザインが特徴的。ライブパフォーマンスのために設計されたテナーサイズのボディは、トップ、サイド、バックのいずれにも単板のオヴァンコル材を用い、ボディの厚みは通常のフェンダーウクレレの3/4というカスタムサイズを採用している。アップグレードされたエレクトロニクスは、そのサウンドの可能性を広げるため、トーンノブを始め、他のウクレレには見られないような特別仕様となっている。特殊な内部構造にも劣らない独自のデザインが印象的なDhani Harrison Ukleleは、5月下旬の国内発売予定。

<アンプ製品>

’68 Customは、伝統的なフェンダーのトーンを愛するギタリストたちに、とても⼈気のあるアンプシリーズだ。今年、フェンダーは、「’68 Custom Pro Reverb」と「’68 Custom Vibro Champ Reverb」の追加でさらにその裾野を広げていく。また、より多様性を求める人のために、Mustangアンプのラインに追加される「Mustang Micro」は、手軽に豊富なトーンを提供するモデル。プレイヤーはいつでもどこでも良いサウンドで練習することが可能だ。

●’68 Custom Pro Reverb

No image

「’68 Custom Pro Reverb」は、基となった40ワットのモデルからキャビネットサイズと重量を減らすため、シングルチャンネルに12インチスピーカー1基搭載というシンプルな構成となっている。持ち運びやすくなった本モデルは、更に柔軟なサウンドコントロールを実現するためミドルのトーンコントロールが追加されている。新たにアップグレードされた本モデルは、あらゆるレベルのギグで使えるサイズとパワーを備え、リバーブやビブラートのON/OFFもフットスイッチでカンタンに操作できる優れもの。本製品は4月中旬の国内発売予定。

●’68 Custom Vibro Champ Reverb

No image

本モデルの基となっているVibro Champは、わずか5 ワットでリーズナブルでありながら、古き良きフェンダートレモロやチューブサウンドのきらめき、かき鳴らした時のご機嫌なサウンドが特徴的。「’68 Custom Vibro Champ Reverb」は、ホールエミュレーションDSPリバーブを追加し、より大きな10インチスピーカーを採用することで低音を強化し、クラシカルなサウンドクオリティを向上させている。さらなる改良が施された本モデルは、リハーサル、ホームレコーディング、さらには⼩さなギグにおいても驚くほどのパフォーマンスを発揮する。国内発売は4月中旬の予定。

●Mustangtm Micro

No image

「Mustang Micro」は、発売以来⼈気を誇るMustangアンプシリーズの豊富なプリセットサウンドをフィーチャーした超小型のパーソナルギターアンプ。「Mustang Micro」をギターに直接プラグインして、ヘッドホンを接続し、次にアンプとエフェクトを選択するだけ。初⼼者からプロまでカンタンに素晴らしいサウンドが得られるので、おうち時間の合間でも外出先でも幅広く活躍する。Bluetooth接続すれば、お気に入りのトラックや解説レッスン動画などに沿ってプレイすることも可能。オンボードDSP、Mustang GTXシリーズの12種のアンプと13種のエフェクトモデルを内蔵している。4月上旬の国内発売予定。

関連リンク

◆フェンダーミュージック
◆BARKS 楽器チャンネル

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加