NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
岩渕弾で強豪カナダと執念ドロー!なでしこ背番号『10』が救った

岩渕弾で強豪カナダと執念ドロー!なでしこ背番号『10』が救った

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/07/22

女子1次リーグE組 日本1-1カナダ(21日、札幌ドーム)女子の1次リーグが始まり、2大会ぶり出場のE組の日本はカナダに1―1で引き分けた。0-1の後半39分、エースFW岩渕真奈(28)=アーセナル=が縦パスに抜け出し、右足で同点ゴールを決めた。日本は24日に札幌ドームで英国と第2戦を戦う。同組の英国はチリに2―0で快勝。G組で前回銀メダルのスウェーデンが国際連盟(FIFA)ランキング1位の米国を3―0で破った。

No image

岩渕は縦パスに抜け出して右足を一閃した(撮影・村本総)

相手のDF裏に一瞬空いたスペースを、エースは見逃さなかった。0-1の後半39分、FW岩渕は顔を2度上げてGKの位置を確認し、右足でふわりとボールを浮かした。チームを救う同点ゴールがネットへ吸い込まれる。なでしこジャパンの歓喜の声が無観客の札幌ドームに響いた。

「初戦の難しさがある中で、開始5分くらいに(失点して)面食らっちゃったけど、勝ち点1につながるゴールになってよかった」

開始早々に格上カナダに先制を許すと、後半9分にはFW田中が痛恨のPK失敗。嫌なムードが流れる中で岩渕は「いこうよ、いこうよ」と仲間を鼓舞した。MF長谷川からロングボールを引き出し、仲間のミスも帳消しにする一撃。日本女子で歴代単独最多の5戦連発をマークし、高倉麻子監督、澤穂希さんらの記録を更新した。

9年前の苦い記憶が糧になった。米国と死闘を演じた2012年ロンドン五輪決勝。1-2の後半38分、チーム最年少19歳の岩渕はGKと1対1の決定機を逃す。「今の自分からその時の自分を見ると、その責任感や覚悟だったら、決められないよなと思う」。あと一歩で頂点を逃し、大きな瞳から涙がこぼれた。

メダルの色を分けた試合から9年。自国開催の五輪で高倉監督から初めて背番号10を託され、誰もが認めるエースになった。「自分が結果を出すことで、チームを助けられる部分がたくさんある」。周囲の期待に背中を押され、再び戻ってきた五輪の舞台。1点を追いかける終盤、まるで米国戦がよみがえるような瞬間。今度はしっかりとゴールを決めた。

「チーム全員の気持ちが乗ったゴール。次は日本の皆さんに勝利を届けられるように頑張る」

無観客の会場から全国のファンへ呼びかけた。白星は逃したが、1次リーグ突破に向けて価値ある勝ち点1。ロンドンで逃した金メダルへ、岩渕の挑戦が始まった。

試合結果へ試合日程へ五輪女子代表メンバーへ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加