最強寒気で岡山・香川でも水道管が凍結 電車の故障など交通機関にも影響

最強寒気で岡山・香川でも水道管が凍結 電車の故障など交通機関にも影響

  • KSB瀬戸内海放送
  • 更新日:2023/01/25

岡山、香川でも25日朝は冷え込みが厳しくなりました。水道管の凍結も発生しています。

【写真】津山市山北の様子 午前8時ごろ

25日朝の岡山市の最低気温は、今季最低となるマイナス4.2℃でした。

岡山市水道局によると、岡山市では水道管の破裂や凍結などの問い合わせが13件ありました。

このほか、25日の最低気温は、新見市千屋でマイナス7.4℃など、岡山県では16の観測地点のうち8地点が今季最低となりました。

香川県では高松市でマイナス1.8℃、綾川町滝宮でマイナス2.5℃、小豆島町内海では今季最低となるマイナス2.6℃となりました。

香川県広域水道企業団によると、香川県でも水道管の凍結などの問い合わせが10件あったということです。

この寒さで午前6時ごろ、ことでん琴平線の電車で車両故障が発生しました。これにより一部の電車が運休するなど約8000人に影響がでました。

今回の寒波で香川県では、強風にあおられて転倒するなど3人がけがをしました。

香川県警によりますと、県内で路面凍結や積雪による事故はなかったということです。

KSB瀬戸内海放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加