U-21ドイツ代表離脱のアペルカンプ真大、新型コロナ陽性...典型的な症状もあり隔離措置

U-21ドイツ代表離脱のアペルカンプ真大、新型コロナ陽性...典型的な症状もあり隔離措置

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2021/10/15
No image

デュッセルドルフは14日、U-21ドイツ代表MFアペルカンプ真大の新型コロナウイルス(COVID-19)感染を発表した。

【動画】その冷静さが憎い!思わず唸るループシュートBest3

クラブの発表によると、アペルカンプ真大は受けていたPCR検査の結果が判明し、陽性判定となったとのことだ。なお、13日から自宅で隔離生活を送っているという。

アペルカンプ真大は、U-21ドイツ代表の活動に参加。しかし、ドイツサッカー連盟(DFB)が突然の離脱を発表。病気のためにチームへ戻ったとされていた。

なお、デュッセルドルフによるとアペルカンプ真大は、2度のワクチン接種が完了していたものの、新型コロナウイルスの典型的な症状があるとのことだ。

三菱養和SCユース出身のアペルカンプ真大は、日本とドイツのハーフ。デュッセルドルフの下部組織に加入し、順調に昇格を果たすと、2020-21シーズンにファーストチームに昇格。メキメキと頭角を現し、ブンデスリーガ2部で21試合に出場し6ゴール1アシストを記録していた。

今シーズンもここまで開幕からリーグ戦9試合に出場し1ゴール1アシスト。すると、9月にトレーニングメンバーとして招集されていたU-21ドイツ代表で、選手不足からメンバーに抜擢。10番を背負い、U-21欧州選手権予選に出場していた。

10月もU-21欧州選手権予選に向けたメンバーに招集されていたが、ハンガリーから緊急帰国していた。

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加