ベンチ総立ち! ヤクルト・山田哲人の特大3ランで涙するファンも

ベンチ総立ち! ヤクルト・山田哲人の特大3ランで涙するファンも

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/11/25
No image

8回 3点本塁打を放った山田哲人を迎えるヤクルトベンチ=東京ドーム(撮影・福島範和)

(SMBC日本シリーズ2021、ヤクルト-オリックス、25日、東京D)ヤクルト・山田哲人内野手(29)が2―5の八回に同点3ランを放った。3点を追う八回。塩見、青木が連続四球で一、二塁の好機をつくり、山田が打席へ入った。カウント3―1からの5球目、134キロチェンジアップをフルスイング。左中間席上段へ放り込む特大の一発に、ゆったりと一塁へ歩み出し、ベンチに向かって右拳を握った。

勝てば20年ぶりの日本一が決まる一戦。この打席前まででシリーズ2安打、打点0と抑え込まれていた主将が一振りで流れを変え、ベンチは総立ちで飛び出して出迎えた。スタンドには感激のあまり涙するファンの姿も。値千金のアーチで試合を振り出しに戻した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加