マツコも感心 二児の母・AIの子育て「新・お母さん像」

マツコも感心 二児の母・AIの子育て「新・お母さん像」

  • 日テレTOPICS
  • 更新日:2022/08/06
No image

家事と仕事に奮闘するアーティスト・AIがマツコと「子育て」を語る!

8月6日(土)の「マツコ会議」はアーティストのAIと中継!ソウルフルな歌声で多くの人々を魅了し、プライベートでは二児の母として子育てに奮闘。

マツコがAIの印象を「日本一ファンキーでありながら、日本一ナイーブな方。新・お母さん像よ」と言うと、「マツコさん、もうあなたしかわかってくれてない!」とAI。子どもと接するなかでアーティストとしての変化も感じるというAIが、マツコと「子育て」を語った。

AIは毎日自ら自転車で子どもの送り迎えをしており、「電動自転車、あれは本当にこの世で一番素晴らしい発明品」「漕ぎ始めた途端スッキリしてイライラが吹っ飛ぶ」と話す。しかしマツコはすかさず「本当に(イライラを)忘れてるわけじゃないと思うんだよね」と指摘。

「漕ぎ出した瞬間にそんなことを考えている場合ではなくなるんだと思うのよ」「それをさ『何もかも忘れてスッキリできる』って表現に変えたところが、AIちゃんはすごい」と子育ての苦労に寄り添うと、AIは「気抜いて家で見てたら泣いてました」とマツコの言葉が胸に突き刺さってしまう。

子育てと仕事に忙殺されるAIの話を聞きながら、「こんなにガッツリ子育てされていると思わなかった」「あれで歌うAIちゃんが素敵」とそのエネルギーに圧倒されるマツコ。

時には近所の人びとや夫、シッターに頼ることもあるというAIだが「だからこそ自分が子どもと一緒にいられる時は、いつでも注意できるようにしておきたい」「人に任せてばっかりだと、自分で意見言えなくなりそう」「『かわいそう』って子どもに思っちゃうようになりたくない」と、母親としての振る舞いを明かしていく。

マツコの人格を形成したのは?「うちの親がいい距離で見ていてくれた」

No image

子育ての話題のさなかAIは「(子どもの将来は)マツコさんみたいな大人になればいい」「どういう人生を送ってきてそんなになったのか、すごい興味ある」とマツコに迫る!

するとマツコは「もう、親ですよ」と切り出し、「うちの親が、いい距離感でずっと見ていてくれたことがいまのアタシを作っている」と振り返る。

「自分のこととか、テレビに出ることになったこととか」一度も親に説明したことがなく、顔を合わせても何も聞かれず「ある意味“なあなあ”で過ごしている」と表現するマツコだが「それってすごいよね」「立派な親だなと思う」と親への尊敬を明かす。

「いい意味でいうとすごく放任主義」「子どもに『あまり関心がないかな』って思わせるくらいの距離感でいいと思うんだよね、親って」「これくらいでも十分親の愛を感じるし」と子育てについて持論を展開。そして「何があっても母だから。一番尊敬している人は」と母親への愛情を語るシーンも。

話を聞きながらAIは「最高ですね」と感心。そして「親もわかってるんでしょうね。うちの子いい子だなって」「お母さんを一番リスペクトできるって言ってもらえたら、お母さんは本当に嬉しいと思いますよ」と瞳を潤ませる。そして「(母親として)結局みんなが元気だったらいいんですよね。そのために頑張る」と思いを新たにするのだった。

■最新話無料配信中!放送を見逃した方はTVerで
https://tver.jp/lp/f0004944

■過去放送分をまとめて見たい方はHuluで
https://www.hulu.jp/matsuko-conference

日本テレビ放送網株式会社

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加