NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
大分舞鶴 3戦連続コールドでベスト4、2点三塁打の都甲「データ通りに変化球狙った」分析班に感謝

大分舞鶴 3戦連続コールドでベスト4、2点三塁打の都甲「データ通りに変化球狙った」分析班に感謝

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/22

◇第103回全国高校野球選手権大分大会準々決勝 大分舞鶴9-2臼杵(2021年7月21日 別大興産)

No image

<臼杵・大分舞鶴>2回2死一、二塁、2点適時三塁打を放った大分舞鶴・都甲はガッツポーズ(撮影・岡田 丈靖)

大分舞鶴は、9安打9得点と打線が爆発した。

一挙8点を奪った2回、右越え2点三塁打を放った都甲陽希(2年)は「データ通りに変化球を狙った」と話した。相手投手は「得点圏に走者を背負うと変化球が多い」と控え部員たちが分析。これで3戦連続のコールド勝ちで、都甲は「研究チームの力がかなり大きい」と感謝した。

河室聖司監督は「春先から練習してきた低い当たりの適時打が出てよかった」と合格点を与えていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加