ヴァンドギャルドがサウジC、シルヴァーソニックがレッドシーHの招待を受諾

ヴァンドギャルドがサウジC、シルヴァーソニックがレッドシーHの招待を受諾

  • スポーツ報知
  • 更新日:2023/01/25
No image

サウジカップデー(2月25日、キングアブドゥルアジーズ競馬場)の諸競走で、日本調教馬4頭が新たに招待を受諾したことが1月25日、分かった。

サウジカップ・G1(ダート1800メートル)はヴァンドギャルド(牡7歳、栗東・藤原英昭厩舎、父ディープインパクト)が受諾。7歳、キャリア22戦目にして、初のダート挑戦となる。レッドシーターフH・G3(芝3000メートル)ではシルヴァーソニック(牡7歳、栗東・池江泰寿厩舎、父オルフェーヴル)が受諾。初の海外遠征となる。

ターフスプリント1351・G3(芝1351メートル)は所有クラブがすでに発表した通り、レシステンシア(牝6歳、栗東・松下武士厩舎、父ダイワメジャー)とラウダシオン(牡6歳、栗東・斉藤崇史厩舎、父リアルインパクト)が受諾した。

一方、リヤドダートスプリント・G3(ダート1200メートル)のギルデッドミラー(牝6歳、栗東・松永幹夫厩舎、父オルフェーヴル)、ネオムターフC・G3(芝2100メートル)のユニコーンライオン(牡7歳、栗東・矢作芳人厩舎、父ノーネイネバー)、サウジダービー・G3(ダート1600メートル)のテラステラ(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎、父モーリス)、クルゼイロドスル(牡3歳、栗東・高橋義忠厩舎、父ファインニードル)にも招待が届いたが、辞退した。また、サウジダービーのフロムダスク(牡3歳、栗東・森秀行厩舎、父ボルトドーロ)にも招待が届いたが、出否は未定となっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加