スーパーゴールはミスキックだった。ミランFW、決勝弾の真実を語る

スーパーゴールはミスキックだった。ミランFW、決勝弾の真実を語る

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2022/01/14
No image

【写真:Getty Images】

ミランは13日、コッパ・イタリアでジェノアと対戦し、延長戦の末に勝利を収めた。FWラファエル・レオンが、決勝点の真実を明かしている。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えた。

途中出場でピッチに立ったレオンは、延長戦に逆転弾を記録。ミランはその後さらに加点して、3-1の勝利を収めた。

ペナルティーエリア左からのループシュートで華麗にゴールを決めたレオンは、「あれはクロスを狙ったんだ」と試合後にコメント。「僕たちにはヘディングの強い選手がいるからね」と述べ、ミスキックがゴールになったことを認めている。

値千金のゴールを決めたあとに喜び方を迷った様子だったレオン。やはりそこまでは狙っていなかったようだ。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加