朴槿恵大統領の父親の生家で火事 男を逮捕

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/12/01

韓国の朴槿恵大統領の進退をめぐり、与党セヌリ党は1日、退陣の時期について、来年4月末とする日程を党の方針として決めるなど、与野党の駆け引きが激しさを増している。

朴大統領は先月29日の談話で、進退を与野党の決定にゆだねる意向を示した。談話を受けて与党セヌリ党は、1日の議員総会で、退陣の時期を来年4月末とする党の方針を決めた。

セヌリ党・鄭鎮碩院内代表「来年4月末の大統領辞任、6月末の大統領選挙を党として、きょう決定した」

弾劾に同調する動きを見せていたセヌリ党の非主流派のリーダー、金武星前代表も、「朴大統領が4月末に辞任する意向を示せば、弾劾は不要」と態度を軟化させている。

一方、野党側は、弾劾手続きを進める方針では一致しているが、方針の違いが浮き彫りになっている。

野党3党の代表は1日午後、会談し、最大野党「共に民主党」は弾劾訴追案を2日に採決する方針を提案した。しかし、第2野党「国民の党」は、非主流派の協力が得られるか不透明な中では、否決される可能性があるとして採決の強行を拒否。採決は来週9日に先送りとなる見通し。

こうした中、朴大統領ゆかりの場所で火災が相次いでいる。先月30日は出身地の大邱で市場を焼く火事があり、朴大統領は1日、現場を視察した。そして、1日午後には、朴大統領の父親、朴正熙元大統領の生家から出火した。警察は、放火したとみられる男を逮捕。「朴槿恵は下野しろ」と書かれたプラカードを持っていたという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「おまいう大賞」金賞の蓮舫代表が党首討論 安倍総理に「息をするようにウソをつく」などの発言が話題に
「息をするようにウソをついている」のは蓮舫氏ではないか
トランプとプーチンにナメられて...安倍官邸「大パニック」実況中継
「全ての薬価、毎年改定を」 諮問会議で民間議員が提言...業界反発で骨抜き懸念も
【報ステ】蓮舫代表vs安倍総理 カジノ法案で討論2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加