北の富士氏、鶴竜休場で4横綱そろい踏みならず「出ないことには話にならない」/九州場所

北の富士氏、鶴竜休場で4横綱そろい踏みならず「出ないことには話にならない」/九州場所

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/11/12

大相撲九州場所初日(12日、福岡国際センター)NHKでテレビ解説を務めた北の富士勝昭氏(75)=元横綱=が、4場所連続で休場する横綱鶴竜(32)について、「4横綱という大変な豪華版だと思ったけど、出ないことには話にならない」と嘆いた。

春場所から17年ぶりの4横綱となったが、2場所連続で初日からそろい踏みとならず、全員の皆勤は5場所目の今場所も実現しなかった。

ともに全休明けの稀勢の里(31)、白鵬(32)、秋場所を制した日馬富士(33)を含めた「3人で優勝争いをしていくんじゃないか」と予想した。

No image

北の富士勝昭氏

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
相撲協会、“異例”場所中に貴ノ岩を聴取へ 鶴竜と照ノ富士は21日にも
ビートたけしが目撃した相撲部屋の実状を激白 「大鵬も半端じゃないと言ってた」
貴乃花親方「頭が割れている」の言動に疑問深まる 危機管理委員会が診断を確認
日馬富士暴行で朝青龍派、旭鷲山派の調停失敗? 貴乃花の暴走で大混乱
横綱・日馬富士の暴行事件、相撲協会と”提訴を強行した”貴乃花の対立構図に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加