Instagramのストーリーに音楽をつけられるようになった、ただし...

Instagramのストーリーに音楽をつけられるようになった、ただし...

  • ライフハッカー[日本版]
  • 更新日:2018/07/14

海外アカウント見ていた方は気づいたはずです。Instagramのストーリーに音楽を簡単につける機能ができました。

Facebookが最近多くのレコードレーベルの楽曲を扱えるようになり、同じくInstagramでもそれが使えるようになっています。InstagramでスタンプやGIFスタンプを扱うのと同じ方法で使えます。

(この機能は、現在オーストラリア、ニュージーランド、フランス、ドイツ、スウェーデン、イギリス、アメリカで使用可能です)

残念ながら日本ではまだ使えませんが…

曲のは使い方は簡単です。具体的には、

Instagramに載せる写真やビデオを撮ったら、画面右上にあるニコニコボタンをタップします。

新しくできた「ミュージック」のボタンがオプションの2つ目にあります。

それをタップすれば、ミュージックメニューに行くので、そこで好きなものを選択できます。

このアプリはデフォルトだとポピュラーな曲を表示しますが、「楽しい」「夢見るような」「サスペンスっぽい」など曲の雰囲気やジャンルで検索できるタブもあります。直接曲名で検索することも可能。

ぴったりの曲を見つけたら、Instagramはそれを写真がビデオにかぶせることができます。曲の長さも曲のどこから始めるかもカスタマイズできます。

No image

Screenshot: E.Price

私が試してみたところ、デフォルトでは曲の最初の7〜8秒が流れます。ページの下にある「時間」のところをタップすると最長15秒まで延ばます。もちろん曲の始まりと終わりも、曲のタイムラインの上でスライダーをドラッグすることでカスタマイズできます。

ポスティングが完了すると、この機能は曲名とアーティストを記載したスタンプまでストーリーにつけてくれるので、ストーリーを見る人は流れる曲が誰の何という曲かわかるのも嬉しい。

早く日本でも使えるようになると良いですね。

Emily Price – Lifehacker US[原文

Image: Pexels

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

アプリカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
クロちゃん、プリンセスに加工した自撮りに「朝から不愉快」と大不評
【便利テク】Apple WatchとiPhoneのカレンダーで「出発時間に通知」
Androidアプリを利用した仮想通貨詐欺
「Slack」を最大限に利用するための基本テクニック15個
インスタの広告に出てきた「マッチョになれる画像加工アプリ(Photable)」を試してみた結果
  • このエントリーをはてなブックマークに追加