巨人に吉川問題勃発? 大幾は現状維持1700万

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01
No image

契約更改後、会見を終え引き揚げる巨人吉川大(撮影・横山健太)

巨人吉川大幾内野手(24)が1日、都内の球団事務所で契約交渉を行い、現状維持の1700万円でサインした。

今季は守備固め、代走要員として移籍1年目の昨季より少し出場試合数を伸ばし、50試合に出場。一方で課題の打撃は打率1割7分6厘と伸び悩み「夏場に元気がなかったと(フロントに)言われました」と反省した。現在は肉体改造中で4キロ増量の体重78キロ。「昨日はステーキを650グラム、食べました。多いですか? (持ち味の)スピードとの兼ね合いもあるが、間を抜くような強い打球を打てるように」と80キロ到達を目標に置く。

来季は日本ハムから吉川光、ドラフト1位で吉川尚が加入し、三つどもえ? が展開される。「吉川問題ですか?(笑い) 3人ですもんね。ドームの電光掲示板に3人が並んだら、僕も見ちゃいますね」と笑った。1番目立ちたいかと聞かれ「もちろんです」と意気込んだ。(金額は推定)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
出て来い若鷹、松田が挑発 年が若いから2軍、ではダメ
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
巨人がマギー獲得 楽天で28発、打線の起爆剤に
広島新井に初弟子、堂林の育成「協力したい」
巨人内海、亀井「35歳最強説」体現を誓う
  • このエントリーをはてなブックマークに追加