宇良、初場所休場「右膝前十字靱帯断裂」の診断書提出 初場所での幕下転落確実に

宇良、初場所休場「右膝前十字靱帯断裂」の診断書提出 初場所での幕下転落確実に

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/12
No image

宇良

「大相撲初場所」(14日初日、両国国技館)

取組編成会議が12日、両国国技館内であり、人気業師で東十両11枚目の宇良(25)=木瀬=の休場が発表された。日本相撲協会に「右膝前十字靱帯(じんたい)断裂」との診断書を提出した。

昨年11月末に都内の病院で右膝の手術を受けた。初場所は全休となり、3月の春場所(3月11日初日、エディオンアリーナ大阪)で2年ぶり幕下への降下が確実となった。

東前頭4枚目だった昨年7月の名古屋場所で右膝を負傷。同9月の秋場所で再発させ途中休場した。同11月の九州場所は右膝前十字靱帯と左膝半月板の損傷のため、3カ月の休業加療が必要とし、全休。今場所で十両に陥落した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
貴景勝、攻めの姿勢戻る=大相撲初場所
豪栄道、高安が稽古総見で気を吐く 八角理事長「両大関に期待」
坂上忍、休場の白鵬は「40回の優勝ってなんだったの?」
大砂嵐 車運転で事故  しかも無免許か...本人否定「夫人が運転」 9日目から休場へ
一転!伊勢ケ浜親方、理事候補選出ない「こんな状況のなかでは当たり前」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加