和田アキ子、パンツ巡る酒席エピ明かす 勝俣州和の携帯を下着に入れて「取ってみぃ」

和田アキ子、パンツ巡る酒席エピ明かす 勝俣州和の携帯を下着に入れて「取ってみぃ」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/17
No image

歌手でタレントの和田アキ子

歌手の和田アキ子が17日、司会を務めるTBS系「アッコにおまかせ!」に出演し、パンツを巡る爆笑エピソードを明かした。

女優・斉藤由貴と医師のW不倫に関する話題を取り上げた際、相手の医師がパンツをかぶっている写真が週刊誌に掲載されたことに触れ、「何でこういう写真を撮るのかね。男はバカだね」と切り捨てた。

このコメントにカンニング竹山がにやつくと、和田は「竹山、何か言いたそうだけど…」と指名すると、竹山は「飲んでたりすると、パンツかぶったりして遊ぶとき、あるじゃないですか」と返答。和田は「ないよ」とすぐさま突っ込んだ。

しかし、この答えにタレント・勝俣州和が黙っていなかった。勝俣は「あの、僕の携帯、パンツに入れましたよね?『取れるものなら取ってみろ』って」と大笑い。

さらに松村邦洋も豪快エピソードを明かし、「パンツ銀行やってのもあった。(タレントの)有吉(弘行)が3万円カツアゲされて、パンツの中に入れられていた。『パンツ銀行や、取ってみぃ』って」と酒席での一幕を披露した。

これには大笑いしていた和田も「認めます。確かにパンツに入れました。かぶるよりはいいだろ」と大笑いしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「嫌いなジャニーズ」1位に中居正広
安室奈美恵 来年9月16日で引退「25周年という節目の年に決意」
「矢口真里の元ダンナ」中村昌也、目も当てられない惨状と次に選んだお相手!
コスプレイヤー 伊織もえの悩殺バニーガール 妄想が生んだ最高の下着
想像を絶した「北朝鮮」の実情を吐露する20歳の脱北少女のスピーチが胸に刺さる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加