本郷理華 全日本へ“細部”詰める「練習で気をつけないと」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/12

フィギュアスケートのグランプリシリーズ第4戦NHK杯に出場した女子の本郷理華(21=邦和スポーツランド)が12日、会場の大阪市中央体育館で取材に応じた。7位で今大会を終え、18年平昌五輪代表が決まる12月の全日本選手権までに「毎日の練習で細かいところまで気をつけないと」と語った。

連続3回転ジャンプの回転不足という課題がつきまとうものの、改善の道筋は見え、後は演技の細部を詰めるところに意識は向かっている。「去年はいっぱいいっぱいの演技だったけど、試合を重ねて、楽しんで思い切って演技ができた」。五輪の枠は2。開いているライバルとの距離を、これから縮めていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
白岩優奈自己ベスト3位「今季一番」スピン最高評価
羽生結弦が週明けにもトロントへ、オーサー氏明かす
白岩優奈SP3位、三原舞依4位 GPフランス杯
15歳・白岩優奈がSP3位発進 三原舞依は4位 フランス杯
三原舞依4位出遅れ「挽回できる自信はあります」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加