広島バティスタ、スタメン奪取へ練習試合でアピール

広島バティスタ、スタメン奪取へ練習試合でアピール

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/12
No image

広島対三菱重工広島 三菱重工・町田監督(左)からあいさつを受け談笑する緒方監督(撮影・加藤哉)

広島が12日、マツダスタジアムで社会人チームの三菱重工広島と練習試合を行い、11-0と前日のJR西日本との練習試合に続いて大勝した。

投げては先発野村祐輔投手(28)が丁寧な投球で6回3安打無失点に抑えると、打線は丸佳浩外野手(28)とサビエル・バティスタ内野手(25)の2試合連続本塁打など3本塁打を含む14安打11得点。順調な調整ぶりをうかがわせた。

2試合連続本塁打、複数安打を記録したバティスタは「いい練習ができているので、試合でもアピールできたと思う」とポストシーズンでのスタメン奪取に自信をのぞかせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本ハム杉谷が一目ぼれ婚!一般女性と交際2年
7球団以上が競合?注目したい「清宮じゃない」選択
ドラフト1位の引き際。あの豪腕投手は、なぜ27歳で引退を決めたのか
荒木氏、日本ハム2軍監督就任!燕時代の“同僚”栗山監督支える
体育会系には見えない170cmのドラ1候補・東克樹はここがすごい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加