メルセデス Sクラス クーペ 新型、米国でリコール...ヘッドライトに不具合

メルセデス Sクラス クーペ 新型、米国でリコール...ヘッドライトに不具合

  • レスポンス
  • 更新日:2016/12/01
No image

ドイツの高級車、メルセデスベンツの最上級クーペ、『Sクラス クーペ』。同車の最新モデルが米国市場において、リコール(回収・無償修理)を実施する。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。メルセデスベンツの米国法人、メルセデスベンツUSAから、新型メルセデスSクラス クーペに関するリコールの届け出を受けた、と発表している。

今回のリコールは、ヘッドライトの不具合が原因。NHTSAによると、新型メルセデスSクラス クーペのロービームの光軸調整機構に不具合があり、ドライバーの視認性が低下。事故につながるおそれがあるという。

リコールの対象となるのは、2016‐2017年モデル。AMGモデルを含めて、米国で販売された996台が、リコールに該当する。

メルセデスベンツUSAでは、対象車を保有する顧客に連絡。販売店でヘッドライト光軸調整機構を修正するリコール作業を行う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
業種・職種別「平均年収&生涯賃金」ランキング、各1位は?
ムーミンのテーマパーク、2019年春オープンに 北欧イメージの別エリア「メッツァビレッジ」は2018年に先行開業
20人で購入した宝くじが477億円に!メンバーのお金の使い方や今後の過ごし方がカッコいい
安全性の違いに驚きの声! アメリカ産対メキシコ産の日本車が正面衝突
  • このエントリーをはてなブックマークに追加