今日マチ子「センネン画報」10周年で装い新たに、オールカラーで新規作品も多数

今日マチ子「センネン画報」10周年で装い新たに、オールカラーで新規作品も多数

  • ナタリー
  • 更新日:2018/04/18

今日マチ子「センネン画報」の10周年を記念した単行本「センネン画報 +10 years」が、5月10日に太田出版より発売される。

No image

「センネン画報 +10 years」

2004年7月より、今日が運営するウェブサイトでほぼ毎日発表されていた1ページのショートマンガ「センネン画報」。2006年および2007年の文化庁メディア芸術祭において2年連続で審査委員会推薦作品に選出され、2008年に書籍化された。

増補改訂版となる「センネン画報 +10 years」は「センネン画報」のエピソードを再構成したもので、新規作品も多数収録。作者の悲願というオールカラーで掲載される。また初版には特製ポストカード全3種から1つが付属し、一部の書店ではシールも配布。さらに5月31日まで、TwitterとInstagramにて「センネン画報10周年プレゼント企画 ぬりえコンテスト」が開催されている。参加希望者は、本作の特設ページにて確認を。また刊行を記念し、糸井重里と森見登美彦からお祝いコメントが到着した。

糸井重里コメント

今日マチ子さんは、最初からうまかったんだよ。
ちょっと反則じゃないかというくらいで。
絵もだけれど、描こうとしている雰囲気もね。

森見登美彦コメント

10周年、おめでとうございます。
ちゃくちゃくと世界を広げてこられましたね。
10年前のワタクシに「センネン画報」は強烈でした。
カーテン! ニベア! 女の子! 文房具! 冬の朝!
鮮烈なるデビューに立ち会うことができたことを光栄に思っております。
一足先に「10周年」を通過した人間として言えるのは「ほどよく怠けましょう」ぐらいです。
それでこそ次の10年を乗り越えられるのです!
おたがいに長く続けていきましょう。

※記事初出時、初版の特典内容に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
漫画家・押切蓮介、"海賊版サイト"問題に斬り込んだ 20P超えの新作を期間限定公開
漫画村閉鎖騒動で話題になった「次の海賊版サイト」の正体
漫画村が「漫画タウン」として復活か 「出版社の努力不足」主張に怒りの声
漫画村が復活か 閉鎖から一転「漫画タウン」にリニューアル
エロいのに泣ける!?『風夏』最終回とともに掲載された“過激すぎる袋とじ”に絶賛の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加