山口晃が谷崎潤一郎「台所太平記」をマンガに、谷崎文学のコミカルな一面を表現

山口晃が谷崎潤一郎「台所太平記」をマンガに、谷崎文学のコミカルな一面を表現

  • ナタリー
  • 更新日:2016/10/20

中央公論新社のWeb連載「マンガアンソロジー谷崎万華鏡」にて、画家・山口晃による読み切り「台所太平記」が公開された。

No image

きれいな写真をもっと見る(全2枚)

No image

「マンガアンソロジー谷崎万華鏡」は、11名の作家が谷崎潤一郎の半生や彼の小説をモチーフに谷崎文学の魅力をマンガ化していく連載シリーズ。最終回となる第11回は、山口が「台所太平記」をテーマにマンガを執筆した。谷崎による「台所太平記」は、自身の晩年の暮らしを題材に、女中たちの日々をコミカルに綴った作品。山口は主人公の磊吉をユーモアたっぷりに描き、谷崎文学のコミカルな一面を表現している。

なおこれまでの連載作品を収録した単行本「谷崎万華鏡 谷崎潤一郎マンガアンソロジー」が、11月9日に発売されることも決定した。これまでの作品を見逃してしまった人も、もう一度読みたい人も手にとってみては。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「進撃の巨人」舞台化決定!「五感をフルに活用して体験するステージに」
【4コマ】そもそも神様は怒るのか?
SMAP"6人"主演で実写映画化された『シュート!』など48作品が無料試し読み
【4コマ】よくあるドラマのワンシーンあるある
  • このエントリーをはてなブックマークに追加