【一問一答】巨人・山口俊「最後は気持ちで投げました」古巣相手に完投勝利

【一問一答】巨人・山口俊「最後は気持ちで投げました」古巣相手に完投勝利

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/04/18
No image

完投勝利に雄叫びを上げる山口俊(撮影・棚橋慶太)

「DeNA2-3巨人」(17日、ハードオフエコスタジアム新潟)

巨人・山口俊投手が、5安打2失点で完投勝利。威力ある直球と落差の鋭いフォークを武器に8連勝中の古巣DeNA打線をねじ伏せ、低迷する自軍を救った。

ヒーローインタビューの内容は以下の通り。

-おめでとうございます。今の心境は。

「ありがとうございます。勝ててホッとしています」

-最後までひとりで投げ抜いた。

「最終回に斎藤(投手)コーチから、『どうする?』と言葉があったが、投げきるつもりでゲームに入っていたので、投げ切れて良かったです」。

-14三振。6者連続もあった。

「尻上がりによくなってきたので、その結果が完投できたんだと思います」

-四回以降はノーヒットに抑えた。

「そこはあまり意識していなかったが、亀井さんのホームランで勝ち越してもらって、逆転だけは許されないと思った」

-うまく力を抜いて投げていた。

「回を重ねるごとにうまく力も抜けて、後半のほうが良かったかなと思います」

-気温が低い中で半袖で、素晴らしいスタミナだった。

「いっぱいいっぱいです。最後は気持ちで投げました」

-これで2勝目。素晴らしいスタート。

「味方の守備、バッティングでもリズムをつくってもらっているので、こういうピッチングができると思います」

-新潟のマウンドはいかがでしたか。

「低かったです(笑)」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】大谷翔平の意外な能力 プホルスが証言「英語よりもスペイン語を理解」
DeNAドラ7ルーキー宮本が2戦連発2号ソロ 前夜にプロ初安打初本塁打
広島・丸の四球数が異常?!他球団の強まる警戒
メジャーではありえない!?高木菜那のノーバン始球式で見えた光景とは
「瓜田純士に勝ったら10万円」対戦相手大募集! “キング・オブ・アウトロー”が『THE OUTSIDER』に帰ってきた!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加