「簡単ではなかった」 “ターゲット”にされた長友、サイドの対応に手を焼いた真相は?

「簡単ではなかった」 “ターゲット”にされた長友、サイドの対応に手を焼いた真相は?

  • Football ZONE web
  • 更新日:2019/11/15

日本代表DF長友佑都【写真:Yukihito Taguchi】 キルギスが浮き球のロングボールを使って長友の背後を徹底的に攻撃 森保一監督率いる日本代表は、14日に行われた敵地でのカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選キルギス戦で2-0と勝利した。歴代2位となるA代表通算122試合目の出場となったDF長友佑都(ガラタサライ)は、キルギスにロングボールで背後のスペースを突かれて対応に奔走。中

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加