月額9.99ドルのApple TV+、2020年に1,200万人のユーザー獲得か

月額9.99ドルのApple TV+、2020年に1,200万人のユーザー獲得か

  • iPhone Mania
  • 更新日:2019/08/22
No image

Appleが新たに手掛ける動画配信サービス「Apple TV+」のユーザー数が、サービス開始初年度で1,200万人に達するとの観測が浮上しています。Apple TV+の登場によって、近年Appleの売上を牽引するサービス部門の勢いが更に強まることが予測されます。

2021年には2,100万人に

投資銀行Cowenは顧客向けのレポートで、Apple TV+のユーザー数が2020年に1,200万人、2021年に2,100万人になるとの予測を展開しました。

Apple TV+は月額料金9.99ドル(約1,060円)となり、11月からサービスが正式に開始される見込みです。大量のコンテンツを用意して多様なニーズを汲み取るNetflixとは異なり、1話あたり1億ドル(約16億円)にも上る高額な制作費で“量より質”の勝負に出るようです。

打倒Netflixなるか

No image

先行するNetflixは約1億5,000万人、Amazonは約1億人のユーザーを抱えていることを思えば、1,200万人は物足りない数字かも知れません。

しかし、2019年第2四半期(4月~6月)においてNetflixの会員数は米国で減少に転じたことが明らかになっており(13万人減)、Apple TV+は世界で稼働している14億台のiOSデバイスを武器に、既存のサービスや価格(Netflixは12.99ドル)に不満を持っているユーザーを一挙に囲い込むチャンスがあるはずです。

サービス部門を押し上げ

Cowenの見積もりが正しければ、月額9.99ドルの料金を1,200万人が払うので、Apple TV+で得られる収益は単純計算(9.99ドル*12カ月*1,200万人)で年間14億ドル(約1,480億円)を超えることになります。

2019年第2四半期(Appleの会計年度では第3四半期)において、サービス部門の売上高は四半期別で過去最高の114億5,500万ドル(約1兆2,000億円)に達しましたが、Apple TV+の登場で更に弾みをつけることは疑いようがないでしょう。

2020年にはサービス部門の収益が年間500億ドル(約5兆2,500億円)、2023年には年間1,000億ドル(約10兆6,000億円)に達するだろう、との試算も出ています。

Source:AppleInsider,Cult of Mac,Netflix(PDF)
(kihachi)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Apple、新旧のiPhoneで直接データを移行する方法の紹介動画を公開
昔とは意味が変わった、iPhoneの“実質価格” 今は下取り
iPhone11 Pro、カメラレンズ周囲にホコリが大量に付着した画像が物議醸す
iPhone 11、私の注目ポイントは「機能以上にお安くなったお値段」
Apple、iPhone11 Proの新しい広告動画を公開〜様々な障害物をクリア!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加