「みらいの工場」本格始動、リーフのリユース蓄電池などを活用

「みらいの工場」本格始動、リーフのリユース蓄電池などを活用

  • レスポンス
  • 更新日:2018/04/17
No image

みらいの工場プロジェクト

もっと画像を見る
日本ベネックスと住友商事、富士電機は4月17日、電気自動車(EV)のリユース蓄電池を用いた新型蓄電池システムを共同開発し、日本ベネックス本社工場に設置。「みらいの工場」プロジェクトを本格始動した。

みらいの工場プロジェクトは、再生可能エネルギーとEVのリユース蓄電池システム(400kW)およびEV 10台を組み合わせて利用し、エネルギーの効率利用と環境との共生を実現する、スマート工場モデルの確立を目指すものだ。新型蓄電池システムは、20フィート(約6メートル)のコンテナに日産『リーフ』24台分のリユース蓄電池を格納。日本ベネックスの高密度積載設計技術によって、従来の2倍の積載効率を実現している。

同プロジェクトは富士電機の蓄電制御技術をベースとし、工場やビルの電力需要ピーク時の補助電源として電気代の削減に貢献。さらに太陽光発電の電力を自家消費できるほか、災害時のバックアップ電源としても活用できる。また、国が推進する通信規格(Open ADR)に対応し、外部のサーバーから充放電などの運転も制御可能。今後普及が見込まれるVPP(バーチャル・パワー・プラント)などの新しいエネルギーマネジメント事業を通じて、電力ネットワークや地域におけるエネルギー需給の最適化にも貢献する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ブロックチェーン開発者の育成めざす 谷家衛氏らが新会社設立、越智副大臣もあいさつ
三井アウトレット横浜ベイサイド、閉館前最後のGWセールやってます
ホンダの新型軽バン『N-VAN』は助手席までフラットに収納できるダイブダウンを採用!
マネックスの野望 「コインチェック買収」のその先
「5ナンバー」車にこだわる必要はあるのか あのクルマも「3ナンバー」化、実際どう変わる?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加