いまの彼と結婚すべき? 女子の背中を押してくれる離婚弁護士のアドバイス

いまの彼と結婚すべき? 女子の背中を押してくれる離婚弁護士のアドバイス

  • Glitty
  • 更新日:2018/09/27
No image

「本当にこの人と結婚していいのかな」「結婚したいけど出会いがない」。

実現の可能性があってもなくても、やっぱり「結婚」って気になる。彼とうまく結婚生活をやっていけるかどうか考えます。

アメリカのベテラン離婚弁護士がアドバイス

離婚率が50%というアメリカ。ベテラン離婚弁護士3人がいい結婚へのアドバイスをしている動画を見つけました。

3人合わせて40年間、他人の離婚を間近に見てきた彼らが語るアドバイスとは?

結婚は法的な契約。真剣に考えるべき

冒頭から、ジェームス・セクストン弁護士が

「結婚は生きている間にするいちばん大事な契約」

だと断言。「ウェディングケーキやドレスにばかりとらわれないで、もっと結婚というものを真剣に考えてください」と、少し辛口なアドバイス。

真剣に考えてはいるけど、「契約」なんて言われるとちょっと引いてしまいます。でも、それだけ重要だってことですね。

考えすぎて踏み出せないから困ってる人もいるとは思うんですけど…。

相手に求めることを明確にしておく。でも期待しすぎない

No image

2人目の弁護士リンダ・ジウさんは、

「相手に求めることをはっきり確認しておくことが大事だ」

と言っています。

また、結婚によって相手が変わると期待はしないほうがいいとアドバイス。それぞれの好みや性格が違いすぎてうまくいかない例を見てきたみたい。

違いがあってもお互いがどのぐらい妥協できるか、それも結婚前に話し合うべきだなと思います。

経済状況はきちんとシェアしておくことが重要

それぞれが働いて収入があるか、クレジットカードの残高に余裕があるかなど、結婚前に金銭状況をきちんと話し合うことは必須だとリンダさんは力説しています。

アメリカでは婚前契約を結ぶことが比較的浸透しています。

日本人としてはそこまでする必要はないのでは? と思うけれど、借金も含めてそれぞれの経済状況を隠さずシェアすることは、将来の揉めごとを防ぐためにも、そして夫婦として信頼関係を築くためにも大事です。

堅実タイプが浪費家と結婚して苦労した例も見ているので、個人的にはお互いの金銭感覚が合うかどうかも要チェック。

恋人としてはいいけど、配偶者・親としてはどう?

No image

とくに子どもが欲しい場合には、恋人として素晴らしい人でも、配偶者としてはどうかを考えるべきだというアドバイスもありました。

例に挙げられたのは、ミュージシャン。

職業としてはかっこいいけれど、ツアーなどで家を空けることが多い。そんなふうに結婚生活を想像してみれば、自分の理想が実現できるかどうか見えてきます。

職業に加えて、相手がいい配偶者またはいい親になれるか、考えてみるのもおすすめです(経験者談)。

結婚は宝くじみたいなもの

ジェームズさん曰く、

「結婚は宝くじみたいなもの。なかなか当たらないけど、当たったら本当にすばらしい。だから宝くじを買う価値はある」

お互いが当たりくじを引いたと思えるなら、それがいちばん。そのためには話しにくいことも語り合うことが必要です。

結婚前になんでも話せる信頼関係が築けるなら、結婚生活で何かあっても(いろいろあるのは避けられません)いっしょに乗り越えていけるでしょう。

と、いろいろあっても当たりくじを引いたかなと思っているわたしは考えるのでした。

YouTube

写真/gettyimages

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【10/16〜10/31】15日からの10日間は“タメ”の期間。占い師・まついなつき先生が占う12星座の恋愛運をチェック♡
エッチの最中に「体の相性がいいかも!」と感じる瞬間9パターン
「このコかわいいな~」 男性が思わずテンション上がっちゃう“女性の姿”5選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加