「3季ぶりの優勝」石川遼に飛び交った「誰このおっさん?」評!

「3季ぶりの優勝」石川遼に飛び交った「誰このおっさん?」評!

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2019/07/11
No image

石川遼が7月7日が最終日の「日本プロ選手権」で黄重坤とのプレーオフを制し、3季ぶりの優勝を果たした。

石川は昨年から日本ツアーに復帰。選手会長に就任しているが、優勝から遠ざかっていたこともあって、メディアへの登場は限られており、大きく報道されるのは久しぶり。そこで「石川遼ってこんな顔だっけ?」「誰このおっさん?すごく老けたね」という声が上がったのだ。

「石川は15歳でマンシングウェアオープン KSBカップにアマチュア枠で出場し、史上最年少で優勝しました。この時、『ハニカミ王子』と呼ばれています。どうやらこの時のイメージが強すぎるようで、今の石川に驚いているんです」(スポーツライター)

現在の石川といえば、顔には年相応のシワが刻まれ、似合っているとは言い難いひげを生やしている。

「今はもう『王子』と言うにはかなり無理がありますね(笑)。ただ、イケメンではある。今回の優勝を期に男子ゴルフに注目が集まってほしいものです」(前出・スポーツライター)

“元”ハニカミ王子の今後に注目だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
畑岡はロペス、崔慧珍と同組 エビアン選手権
小祝さくらは新垣比菜とタイのアマチュアとのグループ 河本結と原英莉花が同組対決
初優勝を挙げた小祝さくらに慢心なし 優勝当日の夜から高負荷のランニング
谷口 雨でも安定ショット、関東大会へトップ通過
ステップ初出場の三浦桃香は竹内美雪、仲宗根澄香と同組【ANA PRINCESS CUP初日】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加