150円のハイボールが心の葛藤を生む武蔵小杉の価格破壊酒場『T』

150円のハイボールが心の葛藤を生む武蔵小杉の価格破壊酒場『T』

  • @DIME
  • 更新日:2017/12/07

■連載/カーツさとうの週刊★秘境酒場開拓団

No image

(写真はイメージです。本文とは関係ありません)

価格破壊の150円ハイボールが生む、酒場のうれしい葛藤・武蔵小杉『T』の評価

オヤジス度    ★★
エルドラ度    ★★
オヤジナリティー ★★

地域的に超ローカルな小規模居酒屋チェーンってあるじゃないですか? ひとつの駅周辺に5件くらいやってるようなチェーンといいますか姉妹店グループみたいな。

このタイプの店って、本当に地域密着で、本当にその地元に人に愛されてて、だから何軒かに増えたんだろうけど、決して全国展開なんていうだいそれたことはしないっていう意味で、かなりいい店が多いんですよね、特にオレが一番重要視してる価格面で!

この手の店で、オレがまず頭に浮かぶのは東急東横線の中目黒を中心とする『OD(仮名)』チェーンなんだけど、川崎の東急田園都市線とJR南武線が交差するターミナル溝の口駅にも、ひとつ地元密着型のチェーンがある。

『T(仮名)』だ。

このグループが数年前、駅の数でいうと3つ離れたオレの地元の武蔵小杉にも支店を作った。そういや前述の『OD』も武蔵小杉に支店があるんだけどさ。

それはともかく『T』の武蔵小杉店。何回か呑みに行ってるんだけど、いっつもはしご酒した3軒目とかでしか入店してないんで、あんまり記憶がなかったんですよ。溝の口にある店も一回だけ行ってるんだけど、こっちも3軒目であんまり記憶ないし。

で、この前、初めて一軒目に入店してみた。小規模といってもチェーンだからさ、“秘境”度は低いんだけど、入店してメニュー見て驚いた! これはこの記事に書かなきゃいけないモノがあるって思った。だってメニューにこう書いてあったんだもん。

『角ハイボール 150円』

これはもう伝えしなきゃならない価格でしょ!! 子供でも計算できるけど、なにしろ10杯飲んでも1500円ですよ。

『御奉仕価格』

なんて文言もすぐ横に書いてある,んだけど、これはたしかに御奉仕ですよ。SMの奴隷でいえば、かなり御奉仕っぷりですよ。まぁすぐ隣の立ち呑み居酒屋が午後7時までハイボール100円っていう、これも壮絶な御奉仕してるんで、それへの対抗価格なんだろうけど、そっちより50円高い分、時間は閉店までず〜っと150円! おまけに座れるしね。その時の時間とか人数によってどっちの店にするか決めればいいワケだな。

『150円ハイボールが上げる価格のハードル問題!』

ただこの『T』。座れるテーブル席もあるんだけど、立ち呑み席もあって、この日、オレは一人だったんで、立ち呑み席で当然150円のハイボールを即座にオーダー!

さぁ、なに喰おうか〜? とメニューを見る。で、ここでひとつ気になることを見つけちゃった。

『お通し 300円』……。

え〜立ち呑みなのにお通し取るのぉおおおお? ひょっとしてテーブル席だけの話? ってもう一度自分の立ってる目の前のカウンターを見ると、すでにお通しと思われる『スパゲティサラダ』の小鉢が置いてあった…。

アレですよ、マカロニサラダのマカロニがスパゲティになったヤツ。でもオレ、コレけっこう好きなんだよね。見るとスパゲティ以外にはニンジンの細切りが極小量6本くらい入ってるくらいでさ、ハムだキュウリだタマネギだなんてなんも入ってない、少々しみったれた感じのスパゲティサラダなんだけど、そこにウスターソースをチョロッとかけたりすると、またしみったれた感じで酒に合うんだよ。

もういい許す、このイイ意味でしみったれたスパゲティサラダならば! と思いつつ、このしみったれたヤツで300円ってのも、ちょっとどうだ? と思っちゃったりもして、実は内心複雑は複雑なんだけど、そんな複雑な心境を払拭するのが、ついに届いた150円ハイボール!!

一口呑んだら、これがまた全然しみったれてない濃さ!! そうだよ、この酒を150円で提供してんだから、300円のお通しを取ったところで誰が怒れようか?

でもお通しだけで、他のツマミをオーダーしないっていうのも悪いから、さらにメニューを見る。

ん〜あのォ〜ここで気付いたんだけど、ハイボール150円っていうのは、ある意味考えものかもしれない。だって、ツマミの価格もハイボールの150円を基準に考えちゃうんで、全部高く感じるんですよ。

『昔のコロッケ 180円』とか『サービスの生ハム 180円』とか、普通だったら「安い!」って思うんだろうけど、ハイボール150円を見た後だと、インパクトないんですよね。

一番「喰いたいな〜」って思った『牛すじカレーどうふ』なんて480円もする! ちょっと貴族価格! あと名物は焼き鳥らしいんだけど、オーダーは2本からなんだしな〜、まいったな〜と思いつつ、二番目にグッときた『砂肝のにんにく和え』350円を『牛すじカレーどうふ』より100円以上安いんだから! と自分にいいきかせオーダーいたしました。

『思わぬところに幸せはあるという結論!!』

そして登場した『砂肝のにんにく和え』。実は350円という価格からして、かなりの量を期待してたんだけど、これがまた小鉢でしてね。

いやいや、オレ、呑みだすとほとんど料理食べないからさ、逆にうれしいんだよ、このくらいの量の方が。でもな〜150円ハイボールで「安い!」ってなって、そのバイアスかかってる中でオツマミの価格見て「高いッ!」って思い込んじゃって、必死にバイアスを振り切って、350円のツマミ頼んで、量が少ないってなると、どこかね、どこか哀しいものがあったな〜。

全てはハイボールが安すぎるってのが原因なんだよね、これきっと。

これが250円くらいだったらな〜。250円でも安いじゃない、ハイボール一杯の価格としては。でも250円なら、他の料理が高く感じないと思うのよ。

ただ冷静になって考えると、酒一杯につき100円も高いワケで……あ〜もうなんだかわかんなくなってきた!! いや、とにかく頭を一度整理する。

酒→バカ安。料理→普通。

ってだけでいいじゃない!! バカ安と普通の平均値とったらこれ、普通に“安ッ”ってことじゃねェか? なにをオレはイジイジと立ち呑みのカウンターで金のことばっかり計算してるんだ! 本当に人間としての器が小さいと反省しつつ……ってまだ入店してから5分くらいしかたってないんだけどさ、あとはとにかく楽しく飲もうと決意するのであった!! やっばりそうじゃないとね、飲むって。逆にいうと、そんなこと考えないですむ店が一番イイ店なんだけどさ。

ちなみにこの店、他の飲み物の価格はっていうと、チューハイ350円、サワー類380円、中生450円、日本酒350円の、いわゆる全国展開チェーン系居酒屋と同じくらい価格。ツマミに関していうと、2本縛りの炭火焼き鳥は1本120円。ハムカツ1枚250円、鶏のから揚げ(小)250円、冷やしトマト360円って感じです。

で、ハイボールを4杯目頼んだあたりで、ツマミが少なくなってきたんで、頼むつもりもないんだけど、もう一度メニューを見てみたら、一個だけ気になったメニューを再度発見。

『名物 金運つくね』1本150円・2本250円。

“赤字覚悟!”なんて書いてあって、この焼き物に関しては、一人一本でも頼めるどころか、一人一本までしか頼めないらしい。2人でくると2本頼めて250円でお得なワケね。なんでこれが急にきになったかっていうと、そういえば溝の口の店で喰って美味いし、量も多かった記憶が急に思い出されたのと、150円って価格がハイボールと同じなんで、安くも思えたんですよ。でオーダー。

これは本当に素晴らしかった! 直径5センチ以上ありそうな円盤状のつくねが2枚、串に刺さってて、横に生の卵黄が添えてある。その卵黄を潰して、つくねにカラメルと、もともとつくねに絡まってた甘じょっぱいタレと卵黄の甘みと炭火で焼かれた鶏ミンチの香ばしさと旨味が渾然一体「オマエに喰われるのを待っていた!」とオレに語りかけてくる!!

結論。150円ハイボールと150円つくね、この二つを最初っから頼んでおけば最初っから幸せ!!

No image

文/カーツさとう

コラムニスト。グルメ、旅、エアライン、サブカル、サウナ、ネコ、釣りなど幅広いジャンルに精通しており、新聞、雑誌、ラジオなどで活躍中。独特の文体でファンも多い。

■連載/カーツさとうの週刊★秘境酒場開拓団

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ナポリピザの職人技、ユネスコ無形文化遺産に決定
どう食えばいいんだ......サンドイッチなのにサンドできないサンドイッチ
Fカップ「ビール女子」・天野麻菜 ビール飲み続けたインスタ投稿が1500日目に
かつや 「タルタルチキンカツ丼」レギュラー化
海外の子供たちに日本のお菓子を初めて食べさせてみた時の反応いろいろ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加