自国通貨を相互交換=シンガポール通貨庁と-日銀

  • 時事通信社
  • 更新日:2016/11/30

日銀は30日、シンガポール通貨庁との間で、自国通貨を相互に融通する為替スワップ取り決めを結んだと発表した。深刻な通貨危機などが発生した場合、日銀はシンガポールドルを、シンガポール側は円を金融機関に供給する。上限は約1兆円で、有効期限は2019年11月29日。

日銀は、アジア・太平洋の中央銀行との連携を強化している。自国通貨を相互融通する取り決めは、オーストラリアに次いで2件目。(2016/11/30-19:15)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
燃油サーチャージ、10カ月ぶり復活へ 円安の影響
マクラーレンの新型スーパーカー、「ハイパー GT」...限定106台はすでに完売
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
ドコモが新たに「バーチャルアイドル」 音楽・ダンス・ライブ番組の配信を日中で展開 イラストに初音ミクのKEIさん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加