TPP、新名称を「CPTPP」に 米国抜きで大筋合意

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/11/12

アメリカを除く環太平洋経済連携協定(TPP)参加の11か国が、2017年11月11日にベトナムで開かれた閣僚会合で、協定内容に大筋合意し、新名称を「包括的及び先進的なTPP(CPTPP)」にすると発表した。

それによると、アメリカ離脱前の協定のうち関税の撤廃や削減のルールは変えず、知的財産権などで20項目を凍結する。20項目は、著作権保護を作者の死後70年とすることや、新薬のデータ保護期間を8年とすることなど。アメリカが強みをもつ分野が半数以上を占め、凍結は、アメリカが協定に復帰すると解除されることになっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
デジカメ底打ち感、出荷額11カ月連続増 高級機種投入でスマホと差別化
人事が直面する、改正労働契約法「2018年問題」 雇用環境はこう変わる
20年で株価は500倍以上!ジェフ・ベゾスの果てしなき野望
悪質な神戸製鋼に対して、被害者のJR東海が発した深いメッセージ
メルセデスAMG C63ワゴン もマイチェン!マスク一新&フルデジタルクラスタ採用か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加