総理の解散権制約等 立憲、憲法改正基本方針まとめ

総理の解散権制約等 立憲、憲法改正基本方針まとめ

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/12/07
No image

動画を見る(元記事へ)

立憲民主党は、憲法改正について、総理大臣の解散権制約など権力を抑制する項目から優先的に進めるという基本方針をまとめました。

この基本方針では、「憲法を一切改定しないという立場は採らない」としたうえで、「権力を制約し、国民の権利拡大に寄与する改定を推進する」としています。総理大臣による衆議院の解散権の制約や、知る権利など新しい人権について議論を進める考えです。一方で、憲法9条への自衛隊の明記については、安保法制を追認することになり平和主義に反するとして反対しています。この方針は7日に正式決定される見通しです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
安倍晋三首相、新防衛大綱は「従来の延長上でない」 敵基地攻撃視野に検討 地方大学向けに交付金創設も
「核兵器は必要悪か、絶対悪か」ノーベル平和賞スピーチが投げかけたもの
安倍晋三首相、メディア幹部を前にチクリ「もう少しお手柔らかに」
議員年金復活、怒りの声を上げませんか?
【単刀直言】希望の党・長島昭久政調会長「揚げ足取りに国民はついてこない」首相の9条改憲案「安直ではないですか」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加