インハイ8強の北越、J内定2選手擁する帝京長岡、日本文理、新潟明訓が新潟準決勝へ

  • ゲキサカ
  • 更新日:2019/10/23

第98回全国高校サッカー選手権新潟県予選は22日に準々決勝を行った。今夏のインターハイで青森山田高を破るなど8強入りした北越高は、FW庄内碧の先制ヘッドなど前半の3ゴールによって高田高に3-1で勝利。京都内定MF谷内田哲平と町田内定FW晴山岬を擁する帝京長岡高は晴山の2ゴールなどによって、新潟工高に5-0で快勝した。

インターハイ予選準優勝の日本文理高新潟西高を3-1で撃破。新潟明訓高は延長戦の末、開志学園JSC高を2-1で破っている。

準決勝は26日に開催される。

【新潟】
[準々決勝](10月22日)
北越高3-1 高田高
新潟工高0-5帝京長岡高
新潟明訓高2-1(延長)開志学園JSC高
新潟西高1-3日本文理高

[準決勝](10月26日)
北越高-帝京長岡高
新潟明訓高-日本文理高●【特設】高校選手権2019

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
再考すべき柴崎岳の起用。日本代表のシステム上限界...影を潜めるプレーメーカーという役割
金田喜稔がコロンビア戦を斬る!「久保が他の10人に合わせるか、他の10人が久保に合わせるか。森保監督は早急に決断すべきだ」
“燃費の悪いドリブル”になぜこだわる? 中島翔哉に捧げたい「久保建英の言葉」
【日本1-4ベネズエラ|採点&寸評】前半だけで4失点と守備陣が崩壊。最低点の「3.5」は?
【セルジオ越後】ハーフタイムまで何も変われず4失点...それでもプロか?と言いたいし、森保“兼任”監督のままでいいの?

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加