「ラーメンを食べること」に最適化した半個室空間「RAMAD WORKER」、日清食品が発売

「ラーメンを食べること」に最適化した半個室空間「RAMAD WORKER」、日清食品が発売

  • ITmedia
  • 更新日:2016/11/30

日清食品は11月30日、“どこでも手軽に自分だけの空間を作れる”という箱型製品「RAMAD WORKER」(ラマド ワーカー)を同社オンラインストア限定で発売した。4980円(税込)。

No image
No image

RAMAD WORKER(ラマド ワーカー)

RAMAD WORKERは、自分だけの半個室空間を作り出す段ボール製の箱。オフィスに縛られず働く場所を自由に選択する「ノマドワーキング」から着想を得て開発した商品で、他人に邪魔されない空間を作り出せるという。

持ち運ぶときはコンパクトに折りたため、組み立てれば完成。内装は文具メーカーのコクヨと日清食品が共同開発した。仕事をするときの「ワークモード」とインスタントラーメンを食べるときの「ラーメンモード」のどちらにも対応できるよう、細かなデザインを施したという。

No image
No image

ワークモード

No image

ラーメンモード

太田智美

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
どんなスイッチでもスマホでオンオフが可能に「Switch Bot」
天才ハッカーが市販車を「自動運転カー」に変える改造キットの制御ソフトをオープンソース化、誰でもダウンロード可能に
年末のAmazon祭り! 「サイバーマンデーウィーク 2016」 6日からスタートです
レジの行列から開放!「Amazon Go」が2017年に登場へ
折りたたみ式傘かと思ったら、まさかの大画面登場!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加